Classic End(Melodic Hardcore Review Blog)

Fast Fantastic Melodic Hardcore!!!!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

V/A / Tribute To Belvedere

l_e340d5e8cdf44e3b8f74767d908a80ec.jpg

こんにちわ。
Sick Shiftのディストロの際はありがとうございました。
今回も正に高速で売切れてしまいました。
発送が遅くなっていて申し訳ありませんがもうしばらくお待ちください。

さて、今回は多くの人が待ちわびていたであろう1枚をレビューします。
もちろん私も首を長くして待っていた、Tribute To Belvedereでございます。
今夏のトリビュート連発の流れの中でも、この作品はやっぱり外せませんよね。
LagよりNo UseよりBelvedereです。

思えばこの企画はもう随分と前から計画されていたんですよね。
途中で紆余曲折ありましたが、無事に今回のリリースとなりました。
ある意味奇跡のリリースと言えるかもしれません。
参加しているバンドもBells Onのバンドを中心に豪華すぎ。
新世代メロディックハードコアバンド揃い踏みといった感じです。

しかし、トリビュートというのはハードルが高いですよね。
元の楽曲が素晴らしいだけにそれを超えるのは至難の技。
そのままカバーしたんじゃただのコピーにすぎないですしね。
自分たちのカラーを出しつつ、元の楽曲を生かす。
素直にバンドの技量が求められるような気がします。

そういった意味ではTribute To Belvedereは中々の名盤に仕上がっていると思います。
なんせ元がBelvedereですから悪いわけがないんです。
参加バンドもBelvedereに少なからず影響を受けているバンドばかりですし。
個人的にあの曲が入っていたらというのはありますが、それは第2弾に期待したいですね。

そんな中気になった曲に触れて行きたいと思います。
まずは1曲目、Forusによる"The Bottom Line"。
1stの名曲をForusらしさ全開でカバーしてくれましたね。
ある程度予想はできましたが、やはりこのピロピロ具合がなくてはForusではありません。
この曲をすっかり自分たちの手の内に入れてしまったなと感じます。

続いてこの作品の中で最も衝撃を受けた2曲目、Actionmenの"Popular Inquires Into Everyday Disasters"。
この曲のアレンジの仕方は究極にヤバいと思っちゃいましたね。
ジャジーで大人な感じの展開と少々の遊びを取り入れながらも、ハードな面は失わないという微妙なさじ加減が素晴らしいです。
そして、最大の聴き所はさりげなく自分たちの曲(Boyfriend's Habits)の1部を導入しちゃった所ですね。
ちょうど1分45秒辺りです。
これに気付いた瞬間1人で発狂してしまいました(笑)

8曲目Jet Marketの"And You Thought The Doctor's Probe Hurt"も素晴らしいです。
わりと原曲に忠実だなとは思いますが、個人的に原曲が好き過ぎるのでこれはたまらなかったですね。
潔いJet Marketにはこの曲が1番お似合いだと思います。

そしてラスト、解散してしまったPlay Attenchonの置き土産"The Only Problem With Wishful Thinking"。
これは個人的に涙なしには聴けませんね。
最後にすごいもんを作ってくれたなと。
この曲も原曲が好きなだけに、Play Attenchonがカバーしてくれてよかったなと素直に思えますね。

Belvedereが好きな人は迷わず手にとって欲しい作品です。
また、最近メロディックハードコアを聴き始めたばかりの人にも聴いて欲しいですね。
Belvedereという伝説のバンドの曲に触れつつ、最近のメロディックハードコアの中心にいるバンドたちが勢ぞろいしているわけですから。
こんなにおいしい作品はまずないと思いますよ。
メロディックハードコア入門に最適ですね。
原曲とカバーを交互に聴いていくと結構面白いですよ~。

Tribute to Belvedere
スポンサーサイト
  1. 2010/09/09(木) 17:59:50|
  2. Review V/A
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

V/A / Get The Fuckin Out!



何気にコンピをレビューするのは初です。
ちょっと緊張しております。
High Five DriveやJet Marketのリリースでお馴染みのFast Circle Recordsさんよりリリースされた24バンド入りという何とも豪華なコンピでございます。
しかもお値段は1000円を切る945円。
懐には優しく、脳には刺激的な作品ですね。

一通り聴いた感想としては、捨て曲が一切ないコンピだと思います。
この作品は久々に心から素晴らしいと思えるコンピですよ。
日本のバンドから海外のバンドまで様々な音が詰まっていますし、キラーチューンばっかりですからねぇ。
世界のメロディック情勢を知るには持って来いの作品だと思いますよ。
そしてNojiさんの熱い気持ちもこもっているんではないでしょうか。

この作品については各所でレビューされているのでみなさんからの評価も高いようですね。
そりゃIVSやFifty Stars Angerなどの未発表曲が聴けちゃうんですからはっきり言って買わなきゃ損ですよ

メロディック好きと豪語する方には強制的にでも買っていただきたいですね(笑)

詳しいバンドや曲についてはFast Circle Recordsさんやりょうたさんの自己満足の音楽ブログをご覧ください。
ちなみにりょうたさんのブログからは全てのバンドのMySpaceに飛べます。
恐れ入りました(笑)
私は特に気になったバンドについて軽くレビューさせていただきます。

個人的に1番聴きたかったのがIVSの未発表曲である8曲目のTo The Coreでした。
またこの曲が期待以上の出来で感動してしまいましたね。
アルバムの延長線上の音なんで違和感が全くないですし、この1曲だけでIVSワールド全開なんですよ。
あのメタリックさは全く衰えていません。
私はホントにIVSが好きなんだと再確認できましたね。

そして22曲目Part Time KillerのKill' Em Allもヤバかった。
元Flippin' BeansのメンバーがいるPart Time Killerですが、きっちりとFlippin' Beansカラーが残っていましたね。
むしろFlippin' Beans時代そのまんま?(笑)
私はFlippin' Beansが大好きだったのでかなり満足ですけどね。
早くフルアルバムが聴いてみたいです。

10曲目我らが日本のChannel 2 OverdriveのOverdriveも痺れましたねぇ。
ついに世界レベルに突入してしまいましたね。
エッジの効いた泣きのギターが鳥肌もんです。
これは世界のメロディックマニアさんたちに是非聴いていただきたい。

15曲目Fifty Stars AngerのHere We Goでは彼らのレベルアップが感じられます。
世界的にも知名度が上がってきているみたいですしね。
このバンドの次回作もとても楽しみです。

Jet Market、Bedtime For Charlieのイタリア勢も彼らのスタイルを出したいい曲ですねぇ。
やっぱり両バンドとも確かな実力があるから安心して聴けますね。
特にJet Marketの曲の終わり方には何か続きがあるんじゃないかと期待してしまいます。

その他既存曲を提供しているバンドも個人的に好きな曲ばかりなんでとても喜ばしいです。
X-Stae Ride、Despondent、Skumdum、Foreplayこの辺りはいくら聴いても飽きません。
何回でも聴けちゃう魅力に溢れた曲ばかりございます。

何かこのままの勢いだと全曲レビューしてしまいそうですが長くなりそうなのでこの辺で。
Nojiさんにはこれだけの素晴らしいバンドを集めてくれてありがとうございますという感謝の気持ちでいっぱいです。
この作品はNojiさんとバンドたちの熱い信頼関係があったからこそリリースに至ったわけですしね。
そこまで考えると感動すらしてしまいます。
是非これからも素晴らしいリリースを続けていって、私たちを喜ばせてください。

Fast Circle Records
  1. 2009/10/31(土) 02:42:00|
  2. Review V/A
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

V/A / Energy To Start The Day



最近出てきたNO FILLERというレーベルのコンピです!
多分アメリカのレーベルだと思うわけで。
メンツ的には名の知れたとこから知らないとこまで様々。
BEERBONGやCRAIG'S BROTHER、HOGWASHなんかもいればONE STEP OUT、DOUBLE NEGATIVEなんて全然知らないバンドもいます。
知れてるどこは大体既存の音源からの曲ばっかなんですけどね。

そんな中で⑧HEYMIKE!/GOING ONCE,GOING TWICE,GOING..GONEは未発表曲!
これがヤバいのなんのって。
彼らお得意のちょっと飛ばし気味な切ないナンバーなんですよ。
何で彼らの楽曲にはこんなに胸を締め付けられちゃうんでしょう。
まるで中学生の恋愛のようだ!!
まぁそんなことはさておき、この切なさ全開のメロディーとギダーラインは特筆もんですね!
際立ってます。
この曲聴くためだけに買っても惜しくない!
1000円しないし。

最近軽く話題になってるRENTOKILLやGOLLIWOG、マニアが好みそうなMCSMOKERSON(これも切なくてヤバい!)やMUTEそしてTHE IDORUまで入ってるんでこれはお薦めですわ!
暇つぶしにするにはもったいないくらい!
  1. 2007/01/17(水) 22:20:00|
  2. Review V/A
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Profile

Toshi

Author:Toshi


☆Personal Links☆
Classic End Distro
MySpace
mixi
Last.fm
Melodic Questionnaire
Melodic Questionnaire 2
Old Classic End
Twitter

Counter

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Soliloquy (45)
Review A (16)
Review B (10)
Review C (6)
Review D (19)
Review E (3)
Review F (14)
Review G (5)
Review H (13)
Review I (8)
Review J (7)
Review K (3)
Review L (14)
Review M (8)
Review N (15)
Review O (5)
Review P (6)
Review Q (1)
Review R (14)
Review S (28)
Review T (8)
Review U (3)
Review V (3)
Review W (8)
Review X (3)
Review Y (2)
Review Z (1)
Review # (3)
Review Split (7)
Review V/A (3)
Distro 予告編 (23)
Distro 本番 (16)
How To Order (1)
Live (1)
Ranking (6)
News (33)

Links

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。