Classic End(Melodic Hardcore Review Blog)

Fast Fantastic Melodic Hardcore!!!!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

3, 2, 1... Skatepunk!



おはようございます。
こんな早朝から失礼いたします。
本日は南米5バンドによる驚愕のSplitアルバムをご紹介いたします。
メンツは以下の通りです。

Play Attenchon (Peru)
No Big Deal (Ecuador)
Bankrrota (Colombia)
69 Segundos (Ecuador)
Bitter (Chile)

南米でもあまりワールドカップに縁がない国ばかりですが、南米メロディックハードコアに関してはベスト布陣だと思います。
メタリックなメロディックハードコアが基盤となっているバンドばかりですし、No Big Deal以外は母国語なんでこういったバンドが好きな方にはたまらないんじゃないでしょうか。
少なくとも私はかなりの興奮状態に陥りますけど。
しかしメロディックを聴き始めた頃はここまでマニアックになると思ってなかったなぁ。

さて各バンドを軽くご紹介していきたいと思います。
まずは解散が非常に惜しまれるPlay Attenchonから。
彼らの解散をきっかけに色々調べててこの作品に出会いました。
昨年Bells On RecordsさんからリリースされたCoalitionでは英語で歌ってましたが、この作品は昔を髣髴させる母国語で歌ってます。
そして多分この作品でしか聴けない曲だと思われます。
La Ilusión Que Llevasの頃のメタリックでドラマティックな展開が漂う2曲でがっちりと心を掴まれちゃいますね。
やっぱり母国語のPlay Attenchonの方が数倍いいです。

続いてNo Big Deal。
私はLas Cartasというアルバムを持っているんですがこの頃は母国語でもっとメロディー重視の感じだったんですよね。
それがこの作品では英詩に変わると同時にサウンド面でもメタリックさが前面に出てきています。
個人的にはこっちの方がしっくり来ますね。
特に4曲目のLesson Learnedは完璧に近いものがありますよ。

お次は1つ飛ばして69 Segundosです。
このバンドもメタリックかつ哀愁漂うメロディックハードコアを炸裂させてくれます。
8曲目のInsectではそれにドタバタさも加わり大変な事になってますよ。
69 Segundosと言えばただ今めが児さんのMelodic Metallic Melancholic DistroにてLa Ira de Unos, la Burla de Otrosが絶賛ディストロ中です。
このSplitで聴けるサウンドに近い曲が揃った名盤なんでまだお持ちでない方は是非入手しちゃってください。

最後にまとめてBankrrotaとBitter(メンバーが1人でビックリ)なんですが、ぶっちゃけこの作品を聴くまで全く知りませんでした。
しかし両バンドともかなり痺れちゃうんですよねぇ。
今まで紹介した他のバンドとコンセプトが近いですしレベル的にも遜色がありませんよ。
特にBankrrotaはヤバすぎますね。
心に突き刺さるような展開がたまりません。
何枚かEPをリリースしてるみたいなんで他の作品も聴いてみたいですね。
誠に勝手ですがこのバンドはポストPlay Attenchonに指名したいと思います。

この作品をきっかけに最近南米熱に侵されています。
重めなメタリックさと母国語の組み合わせってかなり胃もたれしそうな感じなんですが、個人的にはこのくらいなら全然余裕で食えちゃうんですよね。
むしろこれくらいじゃないと物足りないかも。
というわけで母国語が炸裂するメタリックメロディックハードコアがお好みの方は是非聴いてみてください。

3, 2, 1... Skatepunk! MySpace
スポンサーサイト
  1. 2010/05/10(月) 07:04:00|
  2. Review Split
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

Forus & Actionmen & Hero Of Our Time & Play Attenchon / Coalition



やっとこさ手元に届きましたよ。
随分と待ち焦がれたこの4Way Split。
Bells On所属4バンドによる夢の競演です。

当初は楽天で注文した物の一向に入荷せず結局は入荷不可能に。
国内盤を入荷できないってどういうことですか??
その後HMVで注文したらすぐに届きましたけどね。
最初からこっちで買っておけばよかったですわ。

待たされた分期待値がかなり上がってしまってたんですが、その期待通りの内容でしたね。
各バンド共しっかりと自分たちのカラーを出しつつ新たなチャレンジもしています。
Splitはそういうチャレンジができるからいいですよねぇ。

さてオープニングを飾るのはおフランスのForus。
I Only Go To School For The HandrailsはDemoの時とほとんど変わっていませんでしたがやっぱりこの曲はかなり好きだと再確認できました。
むしろいじってなくて嬉しかったくらいです。
Under Stressは同郷のM-Sixteenのカバーなんですが、彼ららしいアレンジでうっとりしちゃいましたよ。

お次はイタリアのActionmen。
今回はだいぶダンサブルな曲で攻めてきましたね。
そのうちピコピコさせないか不安になりましたが。
こういう踊れそうなメロディックナンバーもきますねぇ。
Ram Dasなんて最高ですわな。
日本語にもチャレンジしたPerinosは歌詞カード見ないと日本語に気付きませんでした(笑)
そして相変わらずのテクの高さも聴かせてくれてますよ。

その次はアメリカのSatanicチルドレン、Hero Of Our Time。
SkumdumとのSplitの時よりやや音質が落ちたのは残念でしたが、それでもいい意味で変わらない曲を揃えてきましたね。
個人的にはイントロで納得してしまったI've Never Been Good At Saying Goodbyeが気に入りました。
やっぱりこのストップ&ゴーがなくては話になりませんね。

そしてトリを飾るのはペルーのPlay Attenchon。
今回から英詩に変わったということで注目してましたが違和感ありませんね。
メタリック度も少し減りました。
その結果かなり聴きやすくなったんではないかと思います。
個人的には前作でのクセの強さも好きでしたけどね。
で、かなり聴きたかったCraig's BrotherのInsult To Injuryのカバーはちょいと変則気味に仕上げてきました。
一瞬ずれてるんじゃなかと思ったくらいですからね。
でも、この曲をカバーしてくれたという事が個人的に大きかったんで大満足ですよ。

というわけで長々と説明してきましたが、結論的にはかなりオススメです。
これからメロディックの底なし沼にハマろうとしてる方には特に。
4ヶ国のバンドが一気に聴けちゃうわけですし、一口にメロディックと言っても色んなバンドがいるんだという事をわかっていただけるんではないかと思います。
この作品から各バンドの作品に手を出していってもらいたいですね。

この先にもSkumdumやらAtlas Losing Grip等のリリースが控えるBells Onさん。
これからも期待させていただきます。

BELLS ON RECORDS MySpace
  1. 2009/10/03(土) 22:18:00|
  2. Review Split
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

X-State Ride & Waiting For Better Days / Split



毎度お馴染みMILESTONE MUSIC ONLINE STOREさんで購入させていただいたイタリアンSplitでございます。
この作品はかなり心待ちにしていたんですよね。
そして、昨日までのX-State Ride2連発はこの作品のレビューの為の布石でした。

X-State Ride VS Waiting For Better Daysということでメタリックという共通点はありますが、両バンドの毛色は明らかに違いますよね。
同じメタリックでも意味合いは全く違いますし。
X-State Rideはメロディックの中でメタリック風味を出してるのに対し、Waiting For Better DaysはNew School+メロディックハードコアといった感じです。
Waiting For Better Daysの方が本格的なメタリック加減ですね。

ぶっちゃけ私、最初はX-State Rideばかり聴いていました。
それは、1曲目のHoly Pigsがど真ん中だったからという単純な理由です。
ザクザクしたギターとキレイなラインを奏でるギターの絡みが何とも極上ですね。
そしてこのセクシーなボーカルも毎回安定感があって本当に好みですよ。
産まれ変わったらこんな声に産まれたいと切に願います。

X-State Rideは基本前作からの流れだとは思いますが、じっくり攻めてきたなぁという印象ですね。
このままの雰囲気で続けていってもらいたいもんです。

対する最初はあまり聴いていなかったWaiting For Better Daysですが何回か聴いてるうちにだいぶハマってきました。
曲によってはメタルコアとも言える部分もあると感じましたし、結構破壊力があることに気付きましたね。
特に6曲目のTzaraはヤバい。
バスドラの入れ方が本格的過ぎますね。
そして曲の終わり方もかっこいい。
このバンドが気に入った方はBridge To SolaceというNew Schoolバンドがいるんですが彼らも気に入るんじゃないでしょうか??

個人的にはかなりお腹いっぱいになったSplitでした。
Yu-kiさんごちそうさまでしたという感じです。
イタリアらしく、いい意味でくどいと思える作品だと思います。
まだ未聴の方は是非MILESTONE MUSIC ONLINE STOREさんでお買い求め下さい。
確かまだ在庫があったはずですよ。

このレビューを夜勤明けに書きましたが、書くのに非常に時間がかかりました。
打ち間違いも多かったし。
夜勤のダメージは予想以上に深いようです。
それではおやすみなさい。

X-State Ride MySpace

Waiting For Better Days MySpace
  1. 2009/09/10(木) 08:49:00|
  2. Review Split
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

State Of Mine & The Octopussys / Split



MILESTONE SOUNDS STOREで購入させていただいたこのベルギーの2バンドによるSplit。
いやぁ素晴らしい。
どっちのバンドも素晴らしいSplitに出会えたことが素晴らしい。

まずState Of MineですがイントロのOpening Sequenceからしてやばいですね。
個人的に勢いのあるイントロからぶちかましていく作品には弱いです。
Satanic Surfers/Going Nowhere FastとJet Market/The Reverse Of The Medal、この両作品に代表されるように。
一気に持ってかれてしまいます。

その後もこのイントロに負けないくらいのぶっ飛ばしっぷり。
まさにお決まりの90年代リスペクト状態。
音質もまさに90年代まっしぐら。
最近のメタリックで複雑なのもいいですが、本能のままに好きなことをやってるバンドは輝いてます。

そしていい意味で期待を裏切ってくれたthe Octopussys。
このバンドがまた素晴らしいこと。
個人的に大好物なギターラインを奏でてくれてます。

Succubusなんかホントどストライク。
時々ストップ&ゴーを絡めてくるとこなんか憎たらしいくらいです。
でもメロディーは優しい感じだし結構爽やかなんですよね。
CD聴くまでそんなに速くないんだろうなって勝手にイメージしてたから余計に魅かれましたね。
勝手にイメージしててごめんなさい。

ヨーロッパのメロディックが好きな人にはたまらない作品に仕上がってると思います。
未聴の方は是非どーぞ。

State Of MineのMySpace

the OctopussysのMySpace
  1. 2009/06/21(日) 02:58:00|
  2. Review Split
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Skumdum & Hero Of Our Time / 2 Sides Of The Story



スウェーデンの重鎮Skumdumとアメリカの若手Hero Of Our Timeの奇跡的な競演!
これはたまんねぇSplitですよねぇ。
よだれが止まりません。
聴いてみたら更に垂れ流しです。
Bells Onさんはもはや神の領域をも超えてしまったのか??


さてまずはSkumdumの方から。

今回は民族楽器なんかも使ってるっていうは話を聞いてたからどんなもんか不安もあったんですけどやっぱり彼らは素晴らしい。
自分たちの中でしっかり消化して自分たちの音を崩さずに表現していますね。
Proud Minorityの出だしなんかアイリッシュ好きの俺からしたらもうたまんないですよ。

そしてResaca En Las Chabolasでは母国語全開の彼ららしいメロディック炸裂!
安定感あるし俺好みのリフも満載でおなかいっぱいになっちゃいました。


で、Hero Of Our Time。

こちらも素晴らしい進化を見せつつぶっ飛ばしております。
個人的にはAdhesiveのカバーBubble Burstに尽きますね。

まぁあのイントロ聴いた時点でテンションMAX。
カバーと言いつつコピーになってしまうバンドも多い中彼らは本家をも超えるようなアレンジを施してしまいました。
これは大賞賛をしなくちゃいけないですね。
やっぱり自分の好きな曲、知ってる曲のカバーってのは音のデキに関係なく嬉しいもんなのですがここまでやられると全くの別物として捉えてしまいます。

と同時にAdhesiveも再評価。
元があれだけいいんだからね。

しかしHero Of Our Timeはホントにスウェーデンが好きなんですね。
気持ちはわかります。
自分がもしバンドやってたら間違いなくBubble Burstカバーしちゃうでしょうから。

Bubble Burstだけじゃなく他の曲もスウェーデン魂炸裂してるんでご満足いただけると思います。


なんか熱くなりすぎてよく説明できてませんがとにかく聴いてみて下さい。
一家に一枚級のSplitですよ。
  1. 2008/12/17(水) 03:24:00|
  2. Review Split
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

Profile

Toshi

Author:Toshi


☆Personal Links☆
Classic End Distro
MySpace
mixi
Last.fm
Melodic Questionnaire
Melodic Questionnaire 2
Old Classic End
Twitter

Counter

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Soliloquy (45)
Review A (16)
Review B (10)
Review C (6)
Review D (19)
Review E (3)
Review F (14)
Review G (5)
Review H (13)
Review I (8)
Review J (7)
Review K (3)
Review L (14)
Review M (8)
Review N (15)
Review O (5)
Review P (6)
Review Q (1)
Review R (14)
Review S (28)
Review T (8)
Review U (3)
Review V (3)
Review W (8)
Review X (3)
Review Y (2)
Review Z (1)
Review # (3)
Review Split (7)
Review V/A (3)
Distro 予告編 (23)
Distro 本番 (16)
How To Order (1)
Live (1)
Ranking (6)
News (33)

Links

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。