Classic End(Melodic Hardcore Review Blog)

Fast Fantastic Melodic Hardcore!!!!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Ginger / Dark Page Chronicles



本日もまたまた書かせていただきますよ。
というわけで引き続きBells On Recordsのバンドをご紹介します。
Hogwashのメンバー2人を含むフランスのメロディックハードコアバンドGingerでございます。
こちらは先月リリースされたばかりの初音源です。

HogwashのメンバーがいるということでHogwashの音を想像してしまう方もいるかと思いますが、GingerのサウンドはHogwashとは全然違います。
重厚でメタリックなリフが特徴のバンドなんです。
しかも男臭い。
Hogwashとは全く別のバンドだと思ってください。

私も最初はHogwashの音を想像しながら聴いてしまったのでかなり度肝を抜かれてしまいました。
そしてこのGingerからはとてつもない程のStrung Out臭が漂ってきています。
心なしかメインボーカルの声も似ているような。
これだけでヨダレ出ちゃう方もいるかもしれませんね。

確かこのバンドは位置づけ的にHogwashのサイドバンドという事なんですが、かなりの本気度が伺えます。
インパクトと勢いを兼ね備えたショートチューンもあれば、重く腹に響かせるようなミドルテンポの曲もありと中々引き出しも多いです。
サイドバンドじゃこの13曲は産み出せないんじゃないでしょうか。

個人的にどうしても速い曲に耳が反応してしまうんですが、イントロなしで飛ばす3曲目のThe Time Keeperはかなり耳に残りましたね。
充分なインパクトを残しつつラストもカチっと決めるこの潔さには男を感じられずにはいられません。
最初はさらっと聴いてたのにいつのまにか私の耳にこの曲が潜んでましたし。
1分23秒しかない飛ばしっぷりなんでついついおかわりしちゃうこと間違いなしです。

流れるようなメロディーにメタリックなギターが乗っかる5曲目のThe Gunkanjima Syndromeも心地いいですねぇ。
若干の爽やかさも感じさせてくれます。
そしてこの曲もラストの締め方がかっこよすぎるんですよ。
これは完全に確信犯ですね。

そういえばHogwashも今年中に新作をリリースするみたいですよ。
新曲を聴いてみた感じちょっと不安になりましたが。。。
まぁそれまではこのGingerを聴いて過ごしちゃいましょう。
それだけ長持ちする聴き応えのある作品だと思いますので。
Strung Outや重めなピロリンコが好きな方は是非手を出してみてください。

Ginger MySpace
スポンサーサイト
  1. 2010/05/14(金) 01:30:00|
  2. Review G
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

The Gun Runners / A Few Friends



本日もオーストラリアのメロディックハードコアバンドをご紹介したいと思います。
以前THE FMH DISTROでも取り扱われていたThe Gun Runnersでございます。
この作品が初の音源リリースとなっております。

このバンドは先日紹介したThe Declineとはまた少し毛色の違うバンドなんですよね。
とにかく硬派で男臭いというのが特徴で、常にぶっ飛ばしているわけではないんですが熱さと渋さを兼ね揃えてます。
というのもBouncing Souls,Lifetime,The Lawrence Arms辺りに影響を受けているからなんでしょうね。
シンガロングパートもありつつ熱く聴かせるパートもありと拳を握り締める事間違いなしの曲が目白押しです。

そしてこのバンドもツインボーカルです。
共に男臭いボーカルなんですが、Mongrelを髣髴させる渋いしゃがれたボーカルの方は特に最高なんですよね。
このしゃがれボーカルだけでも熱さ・哀愁が無条件にアップしてしまいます。
どちらのボーカルが前面に出てもかっこいいですけどね。
それにプラスしてトリプルギターというのもポイント高いです。
ヘッドフォンとかで聴いたら音の細かさがより伝わると思いますよ。

1曲目のSeconds Awayからこっちのアドレナリンがおかしなことになってきますね。
ジワジワと攻め立ててくるこの熱さがたまりません。
しかも初っ端からツインボーカルのマッチ具合が実にお見事。
決して大袈裟な曲ではないんですがこの渋みはとても初音源とは思えないくらいです。

その後はエモさもあるミドルテンポの曲なども登場してきます。
そこでも渋さが思う存分味わえますよ。
そして印象的なのが11曲目の1981。
1分22秒と短い曲なんですがこのバンドの特徴が最大限に表れているファストソングです。
この曲はとても病み付きになりますね。

個人的にですが1周聴き終わった後にはなぜかヤル気が沸いてきます(笑)
男を奮い立たせてくれるバンドだと思いますね。
男臭いバンドに目がない方には特にオススメできるバンドです。
MySpaceで試聴できる曲が少ないのが残念ですが、もし気になったら是非購入してみてください。

The Gun Runners MySpace
  1. 2010/05/12(水) 01:55:00|
  2. Review G
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

G.A.S. Drummers / Proud To Be Nothing



スペインのメロディックバンドの1st(多分)でございます。
俺が持ってるのはNew HorizonからのAmerican Editionです。

これ以降はエモくなって落ち着いてしまったバンドなんですが、この1stではやや爽やかにドタバタした疾走メロディックサウンドでやらかしてくれてますね。
俺は落ち着いてからもメロディーがいいので好きですけど。
母国語で歌ってないってこともありますが、全然スペインぽくないです。
スペインのバンドだって知らずに普通に聴いたらアメリカやカナダのバンドだと思ってしまうんじゃないでしょうか??
どう?その辺?(笑)

俺はこの作品を聴いていると2006年の5月を思い出すんですよねぇ。
それはその時期に狂ったように聴いていたから。
ただそれだけです。

3分以内で終わる曲たちと程よい疾走感に頭から離れないメロディー。
すんなり1枚聴けてしまいます。
俺はいまだにこの1stの虜のままです。

特にお気に入りは8曲目のWishですかね。
イントロ・メロディー・展開全てが心地よい。
こんなに体にしっくりくる曲は滅多に見当たりません。

そして12曲目のE.M.O.ね。
これでもかってくらい哀愁と切なさが詰め込まれたイントロのリフが背筋を凍り付かせますね。

あと15曲目のJody's Garageの後しばらく時間が空いてから始まる曲がメロディックハードコア染みててやたらかっこいい。
この作品は最初から最後まで聴き所満載ですよ。

旧Fat系が好きな方なら間違いなく受け入れられると思います。
確かまだInter Punkにも置いてあるはずですし案外手に入れやすいので是非どーぞ。

てか、9月に新しい作品がリリースされるみたいですが最近の路線から変わっていないようですね。
でもBack among the deadって曲が心に染みました。

MySpace
  1. 2009/08/12(水) 03:11:00|
  2. Review G
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Good Reason / The Simplicity Of Condoning A Frump



こんな作品いつの間に出してたんだ?
俺は全く気付かなかったスロバキアのメロディックバンドのNewEP。
Milestoneさんでもアルバムの取り扱いがあったんで知ってる人は知ってる好バンドですね。

基本的にはアルバムAge of Reasonの流れだと思います。
爽やかさと哀愁とが入り混じったバンドで結構一般受けしそうなバンドなんですよねぇ。
初心者の方でもとっつきやすいと思いますよ。

本人らはComeback KidやChampionといったOld Schoolバンドにも影響を受けてるみたいで、その影響がコーラスなんかに現れていると思います。
あの気合が入ったコーラスはライブでシンガロングしたくなること必至ですね。
ラストのWe Share The Same Hash Brownie And A Glass Of Foul Wineはサビは速くないですがホント合唱したくなります。

音的にはみなさんが聴大好きな音です。
速くてちょいとメタリックでっていうあの音。
鳥のから揚げやカレーみたいなもんです。

それでいて個人的には初期Craig's BrotherやMuch The Sameっぽさも感じるんで懐かしさがあるんですよ。
ハマり出してた頃によく聴いてた感じの楽曲たち。

前作も含めまだ未聴の方は是非どーぞ。
スロバキアが近くに感じること間違いなしです。

MySpace
  1. 2009/07/05(日) 23:03:00|
  2. Review G
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Gigantor / The Jet Pack



ドイツメロディック界の大御所!
結成16年の大ベテランバンドの新作です。
最近メロディックを聴き始めた人は耳にしたことはあまりないかと思いますが、10年くらい前のメロディックブームの時にはかなり人気があったバンドです。
キャッチーなメロディーにちょっとひねりの効いた演奏がたまんねぇです。

元々カバーバンドとしてスタートしただけあってカバーには定評があります。
また日本好きでも知られ過去にはパフィーやラフィンノーズといった日本の楽曲もカバーしてます。
そして今回の新作ではカーペンターズのTOP OF THE WORLDをカバー!
とても有名な曲なので多くの人が耳にしたことがあるはず。
原曲の美しさを壊す事無く、なおかつ彼ららしくストレートにカバーしてくれました!
これ聴くだけでも価値あるね!

オリジナル曲は昔に比べてスピード感は減りましたがベテランらしい巧みさと貫禄が増しててヤバいです!
クラシカルなメロディックが好きな人は聴いてみてくださいな!
  1. 2007/06/03(日) 00:28:00|
  2. Review G
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Profile

Toshi

Author:Toshi


☆Personal Links☆
Classic End Distro
MySpace
mixi
Last.fm
Melodic Questionnaire
Melodic Questionnaire 2
Old Classic End
Twitter

Counter

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Soliloquy (45)
Review A (16)
Review B (10)
Review C (6)
Review D (19)
Review E (3)
Review F (14)
Review G (5)
Review H (13)
Review I (8)
Review J (7)
Review K (3)
Review L (14)
Review M (8)
Review N (15)
Review O (5)
Review P (6)
Review Q (1)
Review R (14)
Review S (28)
Review T (8)
Review U (3)
Review V (3)
Review W (8)
Review X (3)
Review Y (2)
Review Z (1)
Review # (3)
Review Split (7)
Review V/A (3)
Distro 予告編 (23)
Distro 本番 (16)
How To Order (1)
Live (1)
Ranking (6)
News (33)

Links

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。