Classic End(Melodic Hardcore Review Blog)

Fast Fantastic Melodic Hardcore!!!!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

The Knob / Thir13en Ways To Go


まさかのThe Knob連発いたします。
こちらは2006年リリースの2ndアルバムです。
最近ある方にオススメしたのをきっかけに復習してるんですがThe Knobはいつ聴いてもたまんないですね。
どの作品も名盤という名にふさわしい内容だなぁと改めて思ってしまいます。

1stと比べてこの2ndは1つの作品としてのまとまりが出てきているように感じます。
実験的なこともしてないですしThe Knobとしてのカラーが確立されてますよね。
速い曲でもややテンポを落とした曲でもメロディーが安定している点が彼らの魅力だと言い切れてしまう作品です。
再生ボタンを押した瞬間に1stから進化したThe Knobのサウンドに魅了されてしまうでしょう。

しかしまだこの作品でもボーカルの声はそこまで渋くありません。
2ndから3rdの間に一体何があったんでしょう?
すごく勘繰りたくなってしまいますねぇ。
ただ歌唱方法を変えただけなのかそれとも・・・。
その先はご想像にお任せします。

話をこの作品に戻しますが、もう1曲目のFirst Oneから最強のキラーチューンを出し惜しみなく披露しちゃってます。
この1曲で一気にThe Knobワールドに引き込まれてしまうんです。
サビでの細かな緩急の使い方に彼らのセンスがうかがえます。
しかもFirst Oneって1曲目にするために付けたんじゃないかってくらいそのまんまなタイトルですよね。
その辺も好感が持てます。

でも更にヤバい曲があるんです。
7曲目のThe Twist。
この曲は個人的にかなりドツボで最初聴いた時は身震いしちゃいました。
特にサビに入る前が異様な程にゾクゾクします。
今聴いてもまだこのゾクゾク感を感じれる位の哀愁ポイントなんですよねぇ。
もちろん他のパートも文句付けようがないんですが、このサビ前があることにより更に際立った物になっているような気がします。
是非サビ前に集中して聴いてみて下さい。

The Knobの作品をレビューしてるとテンションが上がっちゃってしょうがないんです。
他の作品まで聴いちゃうから中々筆が進みません。
私のLast.fmを見てもらえばわかると思うんですがずっとThe Knobばかり聴いている時間がありますから。
リンクの所に貼り付けてあるんで興味があったら覗いてやってください。

今から彼らの4thアルバムがどうなるのか楽しみでしょうがないんですが、最近全然MySpaceにログインしてないみたいなんですよね。
最終ログインが去年の12月だからもうかれこれ半年です。
忙しいだけだったらいいんですけど、知らない間に解散とかやめてくださいよ。
あなたたちの音源を楽しみに待っている人間はたくさんいるんですから。
遅くとも来年くらいには新作がリリースされもっと流通が良くなる事を期待しております。

The Knob MySpace
スポンサーサイト
  1. 2010/05/17(月) 09:30:00|
  2. Review K
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

The Knob / Something For Nobody



こうなりゃ連発だ~!
というわけで本日2発目のレビュー行きます。
名盤レビューし忘れシリーズ第1弾です。
みんな大好きだけど流通が悪すぎるでお馴染み、更に言うならmamoruさん泣かせののんびり屋さんバンドThe Knobの記念すべき1stでございますよ。

以前3rdアルバムのレビューの時にも書いたんですが彼らに直接CDをオーダーすると中々届きません。
私は3ヶ月くらい待たされました。
他に手に入れる方法がないから仕方ないんですが。
しかし届いて音を聴いた瞬間に許せてしまうんですよねぇ。
これだけ素晴らしいメロディーを聴かせてくれるなら待った甲斐があったと思わせてくれます。
のんびり屋さんだからこれだけのメロディーが沸いてくるものかもしれませんしね。

個人的には3rdのCall To Armsは完璧な作品だと思っています。
その3rdに比べると音に荒さはありますしボーカルの声もまだ若さがありますね。
音楽的に色々やりたかったのかもしれませんが、女性ボーカルとのデュエットソングやスカを取り入れた曲なんかも入ってます。
3rdでは曲が物語のように流れていく統一感がありましたからね。

しかしメロディーの秀逸さはこの頃からはっきりと垣間見れます。
正直捨て曲なしとは言えませんが所々にゾクゾクさせてくれる曲が落ちているんですよね。
この路線を押し進めて行った結果が3rdで一気に開花したんだと思います。
The Knobは決して速さに頼ることなく素直なメロディーで伝えてくれるバンドだと改めて実感できる作品です。

と言いつつ速い曲に耳が反応しちゃうんですけどね。
3曲目のKeeping It Realなんかは彼らの真骨頂だと思います。
やっぱりKnobはこれじゃなきゃって感じで哀愁が染み込んできますね。
初めて聴いた当時は軽くビビっときたもんでしたよ。

そしてこの作品も後半がヤバいことになっています。
12曲目のNemesisと15曲目のArmageddonは個人的にメロディック界最強クラスのデキ。
こんな曲聴かされたらすぐに落ちてしまいますよね。
ラストに50秒のショートチューンを持ってくるあたりもかなり心憎いです。
しかもタイトルが“The Knob”。
これは反則すぎますね。
この曲を聴いて確実にもう1周おかわりしちゃいますからねぇ。
計算しつくされてる気がします。

これだけテンション高めに書いといて申し訳ないんですがこの作品は既に廃盤になっております。
素晴らしい作品なんだから是非再発していただきたいもんですよね。
もっと流通がよくなればも色んな人に聴いてもらえると思いますし、そうすれば日本でKnobが見れちゃうかもしれないし。
夢のまた夢かもしれませんがそんな事を想像しちゃうくらい私はThe Knobを敬愛しております。

The Knob MySpace
  1. 2010/05/16(日) 12:25:00|
  2. Review K
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

The Knob / Call To Arms



個人的にかなりお待たせされたフィンランドのメロディックバンドThe Knobの3rdでございます。
なんせ彼らに頼んだのが6月くらいでしたからね。
家に着いたのが正に今日です。

中々来ないから何回もやりとりをしました。
その度に彼らは親切に対応してくれたんでその点は感謝しています。
哀愁度が高いバンドに悪い奴はいない気がしました(笑)

さてさて、1st・2ndでも非常に中毒性の高い哀愁メロディックを聴かせてくれたThe Knobですが、今回の作品も中々ヤバい事になってますねぇ。
待たされた分、私は余計にそう感じてしまうかもしれません。
まだサラっとしか聴いてないんですが充分なインパクトがありましたよ。
更に哀愁度が増してますし、音もいい感じの重みが出てきた気がしますね。
メロディックマニアさんたちの間では有名なバンドですが、このまま埋もれさせとくのは非常にもったいないです。

毎度お世話になっているguricoさんのTHE FMH DISTROでも入荷されたみたいですがまだ在庫あるのかな?
まだ持ってない方は急いでアクセスしてみてくださいね。

個人的には短いながらも緩急の使い方が抜群に上手いと感じた3曲目のFYA、イントロからピンコ立ちの5曲目Speak Of The Saints、風格すら感じる激メロディックナンバーの7曲目First Blood (Second One)辺りがお気に入りです。

そして、10曲目Masterplanからラスト13曲目Master Of Disguiseまでの畳み掛け方がハンパなくヤバいと思いました。
特にこの反則的なメロディーにはホントに体を蝕まれますね。
もう速さとか関係ないレベルに達してしまってる気がします。
The Knobは本物だと再確認しました。

こんなに素晴らしい作品ならもっと早くに聴きたかったとも思いますが、敢えてこの秋に聴けた事には運命的な物を感じずにはいられません。
なぜなら秋にぴったりだと思うからです。
タイミング良く届いたとポジティブに考えるようにします(笑)

はっきり言って今年のランキングではかなり上位に来ますね。
これだけサクサク聴けちゃう作品はそうそうありませんから。
哀愁という言葉が弱点の方は意地でも手に入れてください。
それだけの価値は充分ありますよ。

The Knob MySpace
  1. 2009/09/24(木) 18:05:00|
  2. Review K
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Profile

Toshi

Author:Toshi


☆Personal Links☆
Classic End Distro
MySpace
mixi
Last.fm
Melodic Questionnaire
Melodic Questionnaire 2
Old Classic End
Twitter

Counter

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Soliloquy (45)
Review A (16)
Review B (10)
Review C (6)
Review D (19)
Review E (3)
Review F (14)
Review G (5)
Review H (13)
Review I (8)
Review J (7)
Review K (3)
Review L (14)
Review M (8)
Review N (15)
Review O (5)
Review P (6)
Review Q (1)
Review R (14)
Review S (28)
Review T (8)
Review U (3)
Review V (3)
Review W (8)
Review X (3)
Review Y (2)
Review Z (1)
Review # (3)
Review Split (7)
Review V/A (3)
Distro 予告編 (23)
Distro 本番 (16)
How To Order (1)
Live (1)
Ranking (6)
News (33)

Links

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。