Classic End(Melodic Hardcore Review Blog)

Fast Fantastic Melodic Hardcore!!!!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Turn It Red / All Time Will Show



こんばんわ。
日曜日ももうそろそろお終いですね。
みなさんいかがお過ごしでしょうか?
私はいつも日曜のこの時間はより哀愁が増します。
明日は仕事かと思うと切なさよりも哀愁が出てしまいます。

そんなわけで本日は新しいBelvedereチルドレンをご紹介いたします。
めが児さんのMelodic Metallic Melancholicでも大絶賛されていたイギリスのTurn It Redの2nd EPでございます。
1st EPは音源だけ聴いたことがあるのですがだいぶ音質がよくなっってますね。
さすがJet MarketのAlexのスタジオでレコーディングしただけあります。

先ほども書きましたがTurn It RedはBelvedereに影響を受けているようです。
まぁ、あくまでも影響を受けている感じなんでBelvedereにソックリではありませんよ。
その他Jet MarketやX-State Rideといったイタリアのバンドにも影響を受けていそうな気もしますね。
とにかくありきたりですがメタリックさと勢いがウリのバンドだと思います。

そしてUKバンドならではの硬さを持ったバンドだとも言えるかもしれません。
これは言葉に表すのが難しいし個人的な解釈なんですが、音が硬めと言いますかゴリゴリ感があると言いますか。
そういった面はPhinius Gage等にも感じられるんですけどね。
UKにはそういういい意味での硬さを持ったバンドが多いなと感じます。

個人的には2曲目のIf This Works I'll Eat My Pantsにそそられました。
のっけのメロディーから印象的で耳に訴えかけてきます。
そしてストレートな曲調にも新鋭バンドの活きの良さが乗り移ってますね。
変に小細工せず直球で攻めてくる姿勢にはとても好感が持てます。

そしてイントロで思わずメロディックアンテナが反応してしまうラストの5曲目If I Can't See Far, It's Because Giants Are Standing On My Shouldersもスカッとさせてくれますね。
しかし曲名が長い(笑)
この曲もわりとストレートなんですが途中でやや落として哀愁を発生させてきます。
この辺に将来性を感じるんですよねぇ。

正直まだまだこれからのバンドだと思います。
ストレート過ぎるんでもう少しメロディーに抑揚があった方がいいかなとも感じますしね。
あくまで個人的な願望ですが。
ただ、数枚リリースした後には化けているかもしれません。
そんな期待を抱かせてくれるバンドです。
このまま落ち着くことなく今のスタイルを貫いていって欲しいと思います。

この作品は日本国内でもMelodic Metallic MelancholicさんやFast Circle Recordsさんでディストロされていました。
瞬く間に売り切れてしまったようですが。
Paypalを使える方でしたらBigcartelから買えるようですので是非彼らのMySpaceを覗いてみてください。
この手のCDは早めになくなる可能性もあるのでお早めにお買い求めくださいませ。

Turn It Red MySpace
スポンサーサイト
  1. 2010/07/04(日) 21:44:00|
  2. Review T
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Trevolt / I All Hast


何じゃこのメロディーと哀愁は!
これがTrevoltを初めて聴いた時の素直な感想でした。
ここまでの衝撃は正直久しぶりでしたね。
というわけでMelodic Metallic Melancholicのめが児さんの記念すべきディストロ1発目であり早くも今年のランキング1位は決まりなんじゃないかという程素晴らしい作品TrevoltのI All Hastをご紹介いたします。
めが児さんホントにありがとうございました!

Trevoltはスウェーデンの3ピースバンドで過去に2枚のEPと1枚のシングル(共に現在ソールドアウト)をリリースしこの作品が初のフルアルバムとなります。
2枚のEPに関してはiTunesでも購入可能ですが現在めが児さんが再発に向け説得中でございます。
めが児さんの健闘を祈るばかりですね。

そして肝心のサウンドは母国語でTrall Punkテイストというまさに初期Skumdumに近いバンドなのです。
全曲ぶっ飛ばしているわけではないですし母国語アレルギーを持っている方にはとっつきにくい作品かもしれませんが、それを補って余る程の極上メロディーと背筋ゾクゾクもんの哀愁を兼ね備えています。
よくこんなメロディーを思いつくもんだなと感心しまくりです。
コーラスも決まりすぎるくらい決まってますし。
こういう極上すぎる作品に出会った時はありきたりな褒め言葉しか出てきませんね。
iTunesに落とした時にちゃんとアートワークが出てくる所もポイント高いです。

哀愁満点の曲が17曲も入ってるんでもうかなりお腹一杯になります。
でも不思議と胃がもたれる事はなく、自然とおかわりしてしまうんですよね。
非常に中毒性の高いバンドです。
あなたの鼓膜は確実に支配されます。

もちろん捨て曲なんてもんございませんが、その中でも7曲目Vägvisareの破壊力は凄まじいです。
じんわり殺されていくような感覚で盛り上がり方が尋常じゃない。
もうイントロからごちそうさまって感じなんですけど、後半がヤバすぎますから。
オ~オ~オ~部分なんてかなりの殺傷能力を持ってると思います。
もう勝手にシンガロングしちゃってますからねぇ。
この曲はこれから何百回と聴いていくことになるMy名曲となりました。

まだお持ちでなく興味がある方はめが児さんに頼み込んででも是非入手してください。
この作品を聴くか聴かないかじゃこの先のメロディックライフが大きく違ってくると思います。
私はめが児さんのブログを拝見するまでこのバンドの存在すら知らなかったんですが、Trevoltを知らないまま過ごしていたらと考えるとゾッとしちゃいますね。
Trevoltと私のキューピットであるめが児さんには感謝の気持ちで一杯です。

まずはとにかくMyspaceで試聴してみてください。
その瞬間に何か芽生えたらもうあなたはTrevoltの虜になっているはずですよ。
そして私と同じように過去音源をiTunesで購入するか激しく悩むと思います。

Trevolt MySpace
  1. 2010/03/27(土) 12:54:00|
  2. Review T
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

This Is A Standoff / Be Disappointed



さて、いよいよ明日に迫ったThis Is A StandoffのLive!!!!
テンションメーターが振り切れそうな位ワクワクしております。
This Is A Standoffの面々は無事に到着したかなぁ??

もし私が今日突然死したら未練タラタラで成仏なんてできませんね。
ファッショナブルなオバケになってみなさんの枕元に現れたいと思います。
そして語り合いましょう(笑)

そんなバカげた話はさておき、Be Disappointedのレビューに行きます。
ご存知今年の4月にリリースされたThis Is A Standoffの2ndアルバムです。
彼らのショップでは1曲目のThe Light Is Still On In Broadmoorのダウンロード付きプレオーダーを行っていました。
しかもTシャツとのセットもあったんですよねぇ。
そんな豪華なオマケが付くんじゃ頼まないわけないですよ。
私はソッコーでオーダーしてしまいました。

そしてCDが家に到着するまでダウンロードしたThe Light Is Still On In Broadmoorを狂ったように聴きまくっていました。
今思うと懐かしいし、いよいよ明日目の前でこの曲を聴けるんだと思うとぶっちゃけ泣きそう(笑)

The Light Is Still On In Broadmoorを初めて聴いた時は身震いしたのを今でもはっきり憶えています。
速い・メロディーがいい・演奏上手いの3拍子が揃ってますからねぇ。
やっぱり明日の1曲目はこの曲でしょうか??

しかも、全体を通して前作より速めな曲が増えている点が喜ばしい。
5曲目のCan't Take Them Allや12曲目のSettling The Scoreなんて盛り上がりを考えただけでもガマン汁が出てきてしまいます。

ただ速いだけじゃなくもちろんSteve兄さんのボーカルも熱く情熱的ですし、ミドルな曲も聴かせる術を持ってるなぁって感じます。
演奏面もレベルアップしてますね。
Grahamあんちゃんのバスドラの入れ方が乙すぎるんですよ。
低音を効かせた状態で聴くとホントビリビリ来ます。
彼らはこの作品ですっかりThis Is A Standoff節を確立しましたね。
もう安心して聴けますわ。

もう準備は万端です。
あとは彼らに会って思いの丈をぶつけるだけです。
明日は久々に我を忘れたいと思います。
もちろん危険な薬は使わずに(笑)
まぁ、Liveは合法な麻薬みたいなもんだと思いますけどね。

明日は家からThis Is A StandoffのTシャツを着て参戦したいと思います!
このブログを見てくださってて明日参戦する方がいらっしゃいましたら気軽に声を掛けてください。
多分目線を合わせずにオロオロしながら話しますんで(笑)
明日ははっちゃけましょう!!

This Is A Standoff MySpace
  1. 2009/09/03(木) 19:02:00|
  2. Review T
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

This Is A Standoff / Be Excited



いよいよ今週末に迫っているThis Is A Standoffの単独ライブ。
勝手に一人で盛り上がっているわけですが何気にThis Is A Standoffを一枚もレビューしてないことに気付いてしまいました。
というわけでまずは1stからいってみたいと思います。

Be Excitedがリリースされたのは2007年の10月。
当時このリリースをどれだけの人が待ち望んでいたことでしょう。
BelvedereのSteveとGrahamが帰ってくる。
しかもギターがex-Forty Cent FixのJohnでベースがex-DevilleのCorey。
メロディックマニアにとってはカナダオールスターズと言っても過言じゃないメンバーでしたからね。

そして多くの方がBelvedereスタイルのサウンドを期待していたと思います。
もちろん私も期待していました。
しかし、This Is A Standoffは決してBelvedereではない。
それをはっきりと提示した作品だと思います。

Belvedere時代のように常に速いって事はないですしそこまでピロピロもしていません。
むしろメロディーが際立ってますよね。
速さで押すというよりは魂で熱く聴かせるといった感じでしょうか。
私の知り合いには、Belvedereはそこまで好きになれなかったけどThis Is A Standoffにはめちゃめちゃハマってるって人もいるくらいです。
私も最初はBelvedereの事が頭をちらついてましたが、これがThis Is A Standoffなんだとはっきり認識できた時にハマったなぁと思いました。

そんな事言っててもやっぱり速めの曲には目がないわけでして(笑)
特に6曲目のSilvioは聴き込んでいくうちに虜になりました。
とにかくSteveのボーカルが熱すぎる。
サビのコーラスもハマる要素としては充分すぎますね。
早く生Silvioが聴きたくて仕方ないです。

この作品はとにかく聴き込むことが重要かなと思います。
個人的にですが、聴き込んでるうちに段々と染み込んでくるんですよね。
そしていつのまにか全身が彼らの音に侵されています。
聴き込んだ事が2ndに繋がるのかなとも思いますし。
最初にイマイチだなと感じた人も諦めずに聴き続けてみましょう。
気付いた時には心の扉を開いて興奮しているかもしれませんよ。

This Is A Standoff MySpace
  1. 2009/08/31(月) 22:55:00|
  2. Review T
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

The Almighty Trigger Happy / I Hate Us Even More


懐かしのTrigger Happyのラスト作品でございます。
俺が持ってるのはボートラが3曲追加された再発盤です。

この作品には私のブログのタイトルにもしたClassic Endという曲が入っております。
もちろん大好きな曲ではあるんですがただ単に響きがいいという理由でブログ名にしました(笑)
まさか長く続けるとは思ってなかったですし。
今ではすっかり愛着がありますけどね。

前のI'll Shut Up When You Fuck Offよりは多少遅めの曲がありますが聴き応えのある作品です。
彼らの成長がうかがえますね。
そんな中でもお気に入りはもちろんClassic End(笑)
この曲はそんなに速くはないんで、Trigger Happyは聴かせる事もできるバンドなんだと思わせてくれた曲です。
とにかくギターがヤバいですね。
印象的なリフとギターソロにやられます。
そこにかぶさるしゃがれたボーカルが男汁出まくりでこれまたたまんない。

もちろん速い曲もヤバいですよ。
No LuxuryとかSirensなんかは非の打ち所がないですね。
完璧です。

このバンドはハードコア臭を漂わせながらも耳に残るメロディーがあるってのが素晴らしいと思います。
久々に聴いてもすぐわかりますし。
今聴いても全く色褪せてない曲ばっかりですからね。

Trigger HappyはSplitも2枚出してるんですが、まだの方は是非こちらも聴いてみてください。
腰が抜けるくらいかこいいんで。
機会があればそちらもレビューしたいと思います。

MySpace
  1. 2009/07/25(土) 22:53:00|
  2. Review T
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

Profile

Toshi

Author:Toshi


☆Personal Links☆
Classic End Distro
MySpace
mixi
Last.fm
Melodic Questionnaire
Melodic Questionnaire 2
Old Classic End
Twitter

Counter

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Soliloquy (45)
Review A (16)
Review B (10)
Review C (6)
Review D (19)
Review E (3)
Review F (14)
Review G (5)
Review H (13)
Review I (8)
Review J (7)
Review K (3)
Review L (14)
Review M (8)
Review N (15)
Review O (5)
Review P (6)
Review Q (1)
Review R (14)
Review S (28)
Review T (8)
Review U (3)
Review V (3)
Review W (8)
Review X (3)
Review Y (2)
Review Z (1)
Review # (3)
Review Split (7)
Review V/A (3)
Distro 予告編 (23)
Distro 本番 (16)
How To Order (1)
Live (1)
Ranking (6)
News (33)

Links

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。