Classic End(Melodic Hardcore Review Blog)

Fast Fantastic Melodic Hardcore!!!!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Protagonist / States

States.jpg

おはようございます。
中々寝付けずこんな時間になってしまいました。
というわけでレビューしたいと思います。

本日はアメリカのメロディックハードコアバンドProtagonistの新作EPでございます。
これまた良作に仕上がっておりますよ。
個人的に前作"The Chronicle"が結構お気に入りだったんで期待してたんですよね。
リリースはもちろんPaper+Plastickから。

その一方一抹の不安もあったんです。
エモさのあるメロディックハードコアバンドの場合対外はこの不安が付きまとうんですが。
そう、落ち着きやしないかってことです。
まぁその不安を見事に打ち消してくれたんですけどね。

前作から引き続きちょいとエモさのあるメロディックハードコアをかましてくれています。
あくまで個人的な感覚ですが復活したRufioに近い感覚もあるかもしれませんね。
それくらいメロディーが弾んでおりますよ。

1曲目でタイトル曲でもある"States"から中々の飛ばし具合、はじけ具合ですね。
この曲聴いて一気に不安は感激に変わりました。
やっぱこれだなと。
好き嫌いが分かれそうなボーカルですが、私的には非常にフィットしていると思います。
このバンドもう少し人気が出てもおかしくないと思うんですけどねぇ。

しかし、Paper+Plastickもいいリリースが多いですね。
Landminesの新作もメロディックハードコアマニアの皆さんにはオススメです。
最近はデジタルリリースだけでなくしっかりCDもリリースしているのでチェックしてみてください。

さて、この間少し書いたディストロの件ですが今夜くらいには上げれそうです。
まぁ、私の身に何も起きなければですが(笑)
あまり期待しないでお待ちください。
それではまた。

Protagonist MySpace
スポンサーサイト
  1. 2011/07/30(土) 05:55:21|
  2. Review P
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Protagonist / The Chronicle



Protagonist - play hard, play fast, play together

Play Hard, Play Fast, Play Together!!!
というわけで久々のレビューをしてみたいと思います。
フロリダ出身のメロディックハードコアバンドProtagonistの新作でございます。
リリースはデジタル中心でお馴染み、A Wilhelm Screamの新作と一緒のPaper+Plastickから。
しかし、この作品はきっちりとCDでもリリースされていますのでご心配なく。

私がのっけに書いたPlay Hard, Play Fast, Play Togetherというのはこの作品の1曲目のタイトルなんです。
でもおそらくこの作品におけるコンセプトなんじゃないかなと勝手に解釈しております。
気に入って思わず貼り付けてしまった上のバナーにもその言葉がありますし。
まさにその通りのサウンドでしてもう私はハマってしまっているんですけどね。
この言葉私の肝にも命じておきたいと思います。

Protagonistは過去にEP1枚とフルを1枚リリースしているんですがこの作品ではかなり垢抜けたなぁという印象があります。
というのもエモさが全開になってきているからしょう。
もちろん速さもありますしシンガロングパートも多くあるんですけどね。
その中にエモさが加わると大変なことになりますよ。
メインボーカルの声も結構マッチしてると思います。

もう個人的には1曲目のPlay Hard, Play Fast, Play Togetherから大ハマり。
ほぼインストなんですが気合いを入れるには持って来いの激ファストナンバーです。
唯一の歌詞はWe Play Hard, We Play Fast, We Play Togetherと叫ぶ所だけなんですが勝手に一緒にシンガロングしてしまいます。
ライブの1曲目にふさわしい曲だと思いますね。

そこから繋がって続く2曲目のStargazersは打って変わってエモさのあるメロディックハードコアナンバーとなっております。
このギャップにもやられました。

そして美しさとハードさが上手く噛み合わさった7曲目のIamtheghostも素晴らしいです。
Protagonistの本領発揮といった感じの曲だと思いますよ。
かと思えばハードコア全開の9曲目Attack!なんて曲もあったりして全然飽きることもありません。
一回り聴いてみて更に奥深く成長したんだなぁと思わせてくれましたね。
去年末にリリースされた作品ですが早くも次回作が楽しみでなりません。

メロディックハードコア好きな方には是非聴いて頂きたいと思います。
エモさと言っても決して軟弱なものではありませんので。
おそらく多くの方の心に響く作品になっていると思いますよ。
ちなみに旧作品はInter Punkでも買えますので気になった方は是非どーぞ。

Protagonist MySpace
  1. 2010/02/13(土) 09:46:00|
  2. Review P
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Play Attenchon / La Ilusión Que Llevas



Coalitionリリース記念第2段です。
チリのメタリック度高めな高速メロディックハードコアバンドPlay Attenchonの1stでございます。
2008年リリースで中々評判も高かった記憶があります。
てか彼らはよっぽどプレステが好きなんでしょうねぇ。

チリといえば私はサラスとサモラノしか思い浮かびません。
このツートップはすごかった。
今となっては私の中でPlay Attenchonはこのツートップを越えてしまいましたが。

もちろん彼らのこの作品もすごいことになってます。
メタリック+母国語って私の大好物ですから。
食い物に例えるならカツカレーです。
でも、この組み合わせのバンドってあまり見かけない気がします。
下手したらしつこくなりすぎるからでしょうか??

音的には絶対にBelvedereとSatanic Surfersが好きだろって音を出してますね。
高速一辺倒な方でこれ嫌いな方ってあんまりいないんじゃないでしょうか。
メタリックさも丁度いい塩梅だと思います。
それでいて中々ドラマティックですし個人的には文句の付けようがありません。

そういえば以前Tribute to Belvedereがリリースされるって話がありましたがあれってどうなったんでしょ??
バンドや曲も発表されて結構本格的に話進んでたみたいでしたけど。
私は密かにいつかリリースされることを待ちわびています。

話をこの作品に戻しますが個人的には捨て曲がないと思っています。
アルバム1枚通して聴いてこそ価値がある作品だと思いますし、自然と1周聴かせてくれる力のある作品ですね。

そんな中でも鳥のさえずりから始まる4曲目のDespertarが一番のお気に入りです。
鳥のさえずりとイントロのメタリックなギターのギャップがたまんないですね。
終始ドラマを感じさせる展開もヤバいです。

そしてラストにふさわしい13曲目Verte Respirarなんかもう感極まりそうです。
身の毛がよだつというか背筋が凍るというか。
恐怖に似た興奮が味わえますね。

CoalitionではCraig's BrotherのInsult To Injuryをカバーしているということで個人的には大ニュースなんですよねぇ。
この曲はホントに聴きたくて仕方ない。
これを聴くまでは死ねないというと大袈裟ですが、これを聴かないで死んだらかなり後悔すると思いますね。

母国語から英語にシフトしまっているそうですが今までのメタリックさが消えてなければ平気でしょう。
彼らのMySpaceでも軽く試聴できますが臭さが抜けていい感じです。
もちろんCraig's Brotherのカバーも全部聴けないですがかなり期待値が上がりましたね。
まだの方は是非MySpaceで聴いてみてください。

Play Attenchon MySpace
  1. 2009/09/26(土) 10:09:00|
  2. Review P
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Poultry / Poultry



出ました!!!
High-Speed-Flower Recordsさんより絶賛プレオーダー中のオランダの女性ボーカルメロディックバンドPoultryでございます。
私は早速送っていただきましてじっくり聴かせていただきました。
海外盤買うのをずっと我慢してましたからね(笑)

High-Speed-Flower Recordsさんの今までのリリースの中では1番のポップさを持ったバンドだと思います。
もちろん飛ばしてはいるんですがメロディーを大切にしているのでとても聴きやすいです。
高速マニアの方からこれからメロディックを聴き始めるメロディックルーキーの方まで幅広く楽しめるバンドですね。

しかもプレオーダー特典としてPoultryの2002年のDemoから3曲を収録したCD-Rが付いてきます。
もはやレアすぎて感謝の声しか出てきません。
どうせ買うと決めているなら是非プレオーダーしちゃいましょう。
1575円で送料無料でオマケが付いてくるんですから損するはずがありません。

さてこのPoultryの最大の特徴はやはり女性ボーカルのLucyでしょうか。
女性にしては力強いボーカルなんですが、女に弱い私はまたも癒されてしまうのです。
見た目もちょっと優しそうな感じで色々と想像していましますね。

そして音の方はComeback KidやPennywiseからMxPx・Blink 182辺りにまで影響を受けているそうです。
それらのバンドを上手く消化して自分たちの音を出していると思いますよ。
個人的には同郷のBanbixとOf No Availをブレンドしたような音に感じます。

そして私のお気に入りは1曲目を飾るMy Assですね。
イントロからかなり爽快です。
この曲のアコースティックバージョンがMySpaceやYouTubeで見れるんですが案外ハマるんですよね。
アコースティックでもハマるってことはいかにメロディーがしっかりしているかという証拠でしょう。

あと聴かせる系の6曲目Escape The Worldもいいですねぇ。
Lucy嬢の歌声に引き込まれてしまいますわ(笑)
子守唄代わりに耳元で歌って欲しいくらいです(笑)

と、私の妄想はこの上なしですが、このバンドはじっくり聴き込めば聴き込むほど味わい深いと思います。
曲がバラエティーに富んでるんで飽きることもないですし。
メロディックファンにはたまらない作品でしょう。
気になった方は是非、試聴→プレオーダーのお決まりコースでお願いいたします。
早くしないとなくなっちゃいますよ!!



High-Speed-Flower Records

Poultry MySpace
  1. 2009/09/14(月) 09:35:00|
  2. Review P
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Punk Lurex O.K. / Aika Vapaa



さて今日はまたまた変り種。
フィンランドのPunk Lurex O.K.の2003年ラストアルバムです。

Punk Lurex O.K.は男2人女2人のポップパンクバンドでとっくに解散しています。
俺はもちろん今まで全然知らなかったんですがSP RECORDSさんのディストロで知りました。
MySpaceで試聴して一発で虜になりました。

母国語で歌ってるので確かにクセはあります。
しかしこの暗さのある女性ボーカルが妙にハマるんですよねぇ。
そしてどこかTrall Punkさを醸し出す単音ギターと懐かしい系のメロディー。
個人的においしい所が満載です。
速めの曲も何曲かありますしね。

特に2曲目のBaariinはヤバすぎですわ。
印象的なイントロのリフには寒気すら感じました。
淡々と歌う女性ボーカルもそそりますねぇ。
この曲は高速好きな方でもいけるんじゃないでしょうか?

4曲目のEtsijätももう涙出るくらい暗いし悲しいですがかなりクセになります。
初めてTrall Punk聴いた時以上の衝撃がありました。
他にも緩めのレゲエテイストな曲や男性がボーカルを取る曲、若干明るめの曲もあったりと中々バラエティに富んでます。

個人的に女性ボーカルってやっぱり好きなんですよね。
もちろんマイナー所の。
女性の声に癒されるどころかかなり攻められてる感じがしてしまいます。
自分ではドSだと思ってましたが実はドMなのかもしれませんね(笑)

MySpaceで試聴して気になった方は是非SP RECORDSさんへ行ってみて下さい。
他にも素晴らしいバンドの音源がゴロゴロ転がってますので。

MySpace
  1. 2009/07/24(金) 21:01:00|
  2. Review P
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

Profile

Toshi

Author:Toshi


☆Personal Links☆
Classic End Distro
MySpace
mixi
Last.fm
Melodic Questionnaire
Melodic Questionnaire 2
Old Classic End
Twitter

Counter

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Soliloquy (45)
Review A (16)
Review B (10)
Review C (6)
Review D (19)
Review E (3)
Review F (14)
Review G (5)
Review H (13)
Review I (8)
Review J (7)
Review K (3)
Review L (14)
Review M (8)
Review N (15)
Review O (5)
Review P (6)
Review Q (1)
Review R (14)
Review S (28)
Review T (8)
Review U (3)
Review V (3)
Review W (8)
Review X (3)
Review Y (2)
Review Z (1)
Review # (3)
Review Split (7)
Review V/A (3)
Distro 予告編 (23)
Distro 本番 (16)
How To Order (1)
Live (1)
Ranking (6)
News (33)

Links

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。