Classic End(Melodic Hardcore Review Blog)

Fast Fantastic Melodic Hardcore!!!!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

BeerBong / Murder Party



こんにちわ。
仕事が思わぬ3連休になってしまい更に音楽三昧の週末を送ってしまいました。
本日は個人的にイタリアの至宝だと思っているBeerBongの3rdアルバムをご紹介します。
リリースは2006年で日本盤もBullionさんからリリースされています。

本日mamoruさんのMelodic Hardcoreでも1stのFast And Comfortableがレビューされております。
タイミングが合うもんですよね(笑)
是非そちらもご覧頂いてみなさんBerrBong祭りを開催しちゃってください。

今でこそイタリアのメロディックハードコアバンドは日本でも多くのバンドが認知されていますが、いち早く日本で認知されたのはこのBeerBongではないでしょうか?
今年で結成15年ですし、1stがリリースされたのは2001年ですからね。
ベテランならではの安定感とメロディーの染み込み度はやはり他のイタリアバンドでは太刀打ちできないレベルにあると思います。
この作品でもその経験に裏打ちされた名曲たちが唸りを上げてますよ。

BeerBongはリリースする度に落ち着いてきてるとも言われてます。
しかし、私はどんどん安定してきているだけのような気がするんです。
確かに少しテンポを落とした曲なんかもあります。
でも、テンポを落とした曲でもメロディーには耳を奪われますし、速くて発狂できるような曲もしっかり入ってますからね。
単に引き出しが増えただけなんだと思いますね。

個人的には冒頭の3曲と13曲目のOpen Seasonに鳥肌モード発動しちゃいます。
1曲目のPlug & Playはエンジンをかけるには持って来いの曲です。
BeerBongのウリでもあるドカドカドラムも健在だとアピールしまくってますからね。
そのドラムと裏腹の優しげなメロディーがまた憂いを誘います。

そして速さを前面に押し出してスタートするOpen Seasonには思わず「やられた」と感嘆の声が出てしまいます。
個人的にはこれぞBeerBongと言える曲なんですよね。
跳ねる様なスピード感とマイルドさが一体となっている曲なんです。
やはりBeerBongらしさは失われていないんだと再確認できますね。
ちなみに私の中のBeerBongベスト3は前作に収録されていたFields Of Gold、From Father To SonとこのOpen Seasonです。

この作品からもう4年の月日が流れていますが、次の作品はいつリリースされるんでしょうね。
BeerBongは結構感覚が空くバンドなんで気長に待ちたいと思っています。
次のリリースも安心して聴ける作品だと信じていますよ。
BeerBongはメロディックルーキーズの皆さんにも聴きやすいバンドだと思います。
国内盤が3枚リリースされていて中古でも比較的拾いやすいので是非聴いてみて下さいね。

BeerBong MySpace
スポンサーサイト
  1. 2010/07/12(月) 17:43:00|
  2. Review B
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Belvedere / 'Twas Hell Said Former Child



突然ですが言わずもがなのBelvedereでございます。
知らない方は少ないかもしれませんが2005年の解散後にThis Is A Standoffとして活動しているボーカルのSteveとドラムのGrahamが在籍していたバンドです。
今現在も世界中にフォロワーが続出しているメロディックハードコア界のモンスターバンドと言えるでしょう。
彼らが現在のメロディックハードコアシーンを作ったとまで言っても過言ではないかもしれません。
ちなみにこの作品は国内盤もリリースされてます。

しかし、いざレビューしようと思ったもののどの作品にするかで思ったより悩んでしまいました。
どの作品も素晴らしいんですもの。
そりゃ世界の人々がハマった理由がよくわかりますよ。
アルバム毎にコンセプトが微妙に違うと思いますが、当時としては彼らのスタイルは唯一無二と言える存在だったと思いますから。

その中でなぜこの作品を選んだのか。
ただ単純に1番好きで、私が初めてBelvedereに触れた作品だからです。
大した理由がなくてごめんなさい。
正直4thアルバムのFast Forward Eats The Tapeもかなり好きなんですけどSubhuman Natureという曲の存在感が大きすぎるんですよね。
This Is A Standoffへ繋がるようなサウンドへと少し変貌を遂げてますし。

その点'Twas Hell Said Former Childはトータルバランスが非常に良いです。
個人的にこの作品のサウンドが1番しっくりきますね。
響きすぎないへビィさと高速っぷりが見事に同居しつつ、メロディーの面でもキラリと光るパートを多々聴かせてくれます。
その結果がキラーチューンだらけ。
こんなに美味しい作品は中々お目にかかれませんよ。

初めて聴いた時は1曲目のThe Only Problem With Wishful Thinkingで腰を抜かす位の衝撃を受けましたね。
当時はBelvedereの音もよく知らなかったんで余計に度肝抜かれました。
今思い出すと非常に懐かしいです。
間奏のギターとか感情を抑えられなくなりますし、この絶妙な暗さがたまらないですね。

ちなみにこの曲、みなさんが待ちに待っているであろうTribute To Belvedereにて残念ながら今年解散してしまったPlay Attenchonがカバーしてます。
言わば、Play Attenchonの置き土産みたいなもんですね。
軽く聴いた感じ原曲に近い感じになっているとみたいなのでとても楽しみです。
むしろそのまんま的な感じもしますけどね。

話がTribute To Belvedereに逸れてしまいましたが、その他にも名曲だらけの大名盤です。
Two Minutes For Looking So GoodやAnd You Thought The Doctor's Probe Hurtも個人的にはかなりメロメロなんで。
これから手に入れるのは少し苦労するかもしれませんが、中古ではまだまだ落ちてると思いますので諦めないでください。

しかしBelvedere関連のMySpaceってたくさんあるんですねぇ。
どれがアーティストページか見つけるのに苦労しました。
それだけ多くのファンがいるって証拠ですよね。
復活・・・・・・ないとは思いますが心のどこかで期待してます。

Belvedere MySpace
  1. 2010/06/05(土) 23:40:00|
  2. Review B
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Broken Aris / Dinosaur VS Forklift



本日は天下のguricoさんからディストロしていただいたバンドのご紹介です。
まさかスウェーデンにこんなバンドがいたとは知りませんでした。
全くのノーマークだったBroken Arisです。
ちなみにこの前にEPをリリースしていますがそちらもguricoさんにディストロしていただきました。
毎回素晴らしい逸品をありがとうございます。

この作品について語る前にまずこれだけは言いたいです。
このジャケとタイトルは一体何なんだ??
ある意味インパクト大ですよね。
思わず吹いてしまったくらいです。
明らかにDinosaurの勝ちだと思っていましたが、歌詞カードの中を見てみると、フォークリフトに乗ったスマイル君が圧勝してるからこれまたビックリ。
しかしこんなに和やかな気持ちになれるジャケもそうそうないですよ。
私は以前の仕事でフォークリフトに乗っていたのでかなり親近感が湧きましたけどね。

あと、ボーカルの異常なほどのハイトーンボイスにもビックリ。
MySpaceの写真からは全く想像がつきません。
彼の声のおかげでかなり爽やかに聴こえますねぇ。
それに相反するスクリーム気味のコーラスもインパクトがあっていいですよ。

明るめで爽快なメロディックをかましたかと思えばスクリームコーラス入りのメロディックハードコアをかましたり、ミドルテンポで涙を誘ったりと色々やってくれています。
あとKamikazeとNHKというタイトルの曲があります。
彼らは日本が好きなんですかねぇ??
こんなタイトルを付けてくれて日本人としては嬉しい限りですけどね。

個人的には正に弾ける様なメロディックサウンドの5曲目Shitfacedが気に入りました。
聴いていてとても気持ちが良いですねぇ。
そこから繋がる40秒弱の6曲目Your Personal Hellも勢いが同じような感じでたまらなく爽快です。
この流れはかなり脳に刺激を与えてくれましたね。

そして11曲目のOur Resistanceがイントロからやばすぎます。
この曲は飛ばす所と落とした所の差が素晴らしいです。
勢い重視で行くのかなと思いきやサビでがっつり落として聴かせてくれます。
おふざけなしでかなり本気を出してくれた印象ですね。

ジャケからして只者ではないバンドだとは思ってましたが、中々奥が深いバンドかもしれません。
何回か聴いてるうちにまた発見がありそうな感じがします。
その辺はさすがスウェーデンといった印象ですね。
興味のある方は是非聴いてみてください。

さて、いつもお世話になっているguricoさんのTHE FMH DISTROですが取り扱いがだいぶワールドワイドになってまいりましたねぇ。
攻めてないのはアフリカ大陸くらいじゃないでしょうか??
こうなったら全大陸制覇してもらいましょう!
というわけでまた色々と入荷しているようですので是非チェックしてみてください。
それではさよーなら。

Broken Aris MySpace
  1. 2009/10/29(木) 09:47:00|
  2. Review B
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Braekneck / And There Was Another Illusion



既に解散済み??
イギリスのメタリックメロディックハードコアバンドBraekneckの唯一のEPでございます。
5曲しか入ってないところがまた憎いですね。
もったいぶりやがって(笑)

俺はMP3では聴いてたんですが、実際にこうやって現物が届くと感動しますねぇ。
今回ももちろんguricoさんのご尽力によるものです。
毎回ステキなバンドばかりありがとうございます!!
まだguricoさんのディストロ見たことない人がいたらかなり損をされてると思いますよ。
是非ご覧になってみてくださいね!
しかしヒントの出し方が秀逸ですわ(笑)
子供がなぞなぞに答える様に、必死に考えてしまいます。
THE FMH DISTRO

さて、このBreakneckですがまたまたメタルですねぇ。
音がメタルコアにさえ近い部分もありますね。
ボーカルは絶叫気味ではないですけど。

1曲のが長めなのが少し気になりますが、聴く度に気にならなくなってきます。
それだけ聴かせる力を持ってるバンドだと思いますし、味わいがありますよ。
俺がたまにメタルコアも聴いたりするからそう思うのかもしれませんが。

特にラストのJudgement Dayはマジでヤバいっすね。
結構メタルコアしちゃってる所もありますからねぇ。
ピロってるギターもツボだし、最後にバイオリンが入ってきて余韻たっぷりに終わるんでついついおかわりしてしまいます。
途中の掛け合いなんかもよく考えてるなぁって思います。
このバンドイケるなら本家メタルコアのUnearthなんかもイケちゃうんじゃないでしょうか??
もし気になったらダメ元で聴いてみてください。
ちなみに俺はUnerathも好物です。

元メンバーは違うバンドやってるみたいですけどBreakneckの時よりメタル度を深めたようなバンドに変貌しちゃってるようですね。
メロディックハードコア臭は全くしません。

・3食メタリックでも飽きない。
・ピロピロと言えば松村邦洋じゃなくてメタルだ。
・昔の特撮ヒーロー、超人機メタルダーを知っている。
以上の3点に当てはまる人は是非聴いてみてください。

そういやメタルで思い出したけどStrung Outが早くも新作出すみたいですね。
最近活動が活発で非常に喜ばしいです。
楽しみでございますな!

MySpace
  1. 2009/08/19(水) 02:53:00|
  2. Review B
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Bigwig / Invitation To Tragedy



というわけでBigwigです。
Nearmissからの流れで聴いてたらいてもたってもいられなくなってしまいました。
いつ聴いてもテンション上がってしまいますね。
ちなみにこちらは2001年リリースの作品です。
よくよく考えると結構前ですな。

Bigwigはどれも素晴らしい作品なんですけど個人的にはやっぱりこの作品かなと思います。
この辺りから陽気さがやや薄れてより本気で攻撃的なスタイルになってきましたよねぇ。
もちろんこの作品にも捨て曲なんて見つかりませんよ。
聴きたくなったら何回転も聴いてしまう永遠の名盤です。

もう序盤の3曲でノックアウト状態ですね。
Waste、Sink Or Swim、Sore Losersは個人的にBigwig全ての楽曲の中でも上位に来ますね。
その後もミドルなMooshやHopeを挟みつつ飛ばしていきます。
またこのミドルな曲がいいアクセントになってるんだわ。

そしてこの作品も後半の畳みかけがすげぇ!
Counting Downからの流れはホントに息をつく暇がないです。
ラスト2曲は比較的ミドル目ですけどそれまでの余韻もあいまってかなりかっちょいい。

何を隠そう俺は2006年の伝説のライブに行きました。
そう、ボーカルTomが来日できなかったあのライブです。
Tomいなくたって構わねぇと思ってサイクロンに乗り込んだんですが、結構楽しめましたね。
聴きたい曲ほぼやってくれたし、ギターの人が歌ってたのも何か新鮮でした。
あと客がちょっと揉めてたのも印象に残ってます(笑)

それ以来いつまた来てくれるんだろうと密かに心待ちにしてるんだけどなぁ。
Tomが他のプロジェクトやってるから、Bigwigもほとんど動いてないみたいだし。
でもきっと再来年くらいにはさらっと新作を出してくれるような気がします(笑)
Tomさん次第かと思いますが、是非お願いしますよ!!

そんな期待を込めてこちらをどーぞ。
音悪いですけど。



MySpace
  1. 2009/08/16(日) 23:06:00|
  2. Review B
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

Profile

Toshi

Author:Toshi


☆Personal Links☆
Classic End Distro
MySpace
mixi
Last.fm
Melodic Questionnaire
Melodic Questionnaire 2
Old Classic End
Twitter

Counter

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Soliloquy (45)
Review A (16)
Review B (10)
Review C (6)
Review D (19)
Review E (3)
Review F (14)
Review G (5)
Review H (13)
Review I (8)
Review J (7)
Review K (3)
Review L (14)
Review M (8)
Review N (15)
Review O (5)
Review P (6)
Review Q (1)
Review R (14)
Review S (28)
Review T (8)
Review U (3)
Review V (3)
Review W (8)
Review X (3)
Review Y (2)
Review Z (1)
Review # (3)
Review Split (7)
Review V/A (3)
Distro 予告編 (23)
Distro 本番 (16)
How To Order (1)
Live (1)
Ranking (6)
News (33)

Links

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。