Classic End(Melodic Hardcore Review Blog)

Fast Fantastic Melodic Hardcore!!!!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Mute / Sleepers



数日振りになりますが相変わらず音楽ばっかり聴いてました。
とある用事で知り合いの皆様に突然メールしてしまい申し訳ありませんでした。
しかし皆さんやはり入手するのが早いですね。
私は完全に乗り遅れてしまっていたようです。

さて本日も懐かしいシリーズです。
最近私の中で再評価度がかなりアップしてきているMuteの1stでございます。
この作品がリリースされたのが2004年なんでもう6年も前なんですね。
時のたつのは早いですねぇ。

私がMuteと初めて出会ったのはBells On Recordsさんの記念すべきファーストリリースでもあるStrike The Punkというコンピでした。
そこに収録されていたのがこの作品でラストを飾っているOpen Eyeという曲で、聴いた瞬間に不思議な感覚を憶えたんですよね。
シンフォニックな雰囲気とでも言いましょうか他のバンドには感じられなかった物だったんです。
そこからこの作品に辿り着き当時はこれでもかと狂ったように聴いていましたね。

Muteと言えば2ndのThe Ravenでかなり化けたという印象ですよね。
音に力強さが加わりつつこの作品でも聴けたメタリックで印象的なギターも健在。
現在は正に鬼に金棒状態になっているわけです。
しかしこの作品では少し頼りない感じがしてしまうのも否めません。
ボーカルの声もまだ弱いし無駄に曲が長いかなとも思います。
それでも2ndへの布石とも取れる曲などもありますし今後化けるんじゃないかという可能性を充分に感じ取れますね。

この作品の中で私が最も気に入っているのはもちろんMuteとの出会いのきっかけにもなったラストのOpen Eyeでございます。
もう自然と期待が高まってしまうイントロからヤバいです。
それでいてメロディーも心地いいですし、そのメロディーを優しく包み込むように流れていくギターも浮遊感があって思わず耳が向かってしまうんですよねぇ。
4分を超える曲なんですが間奏でも存在感のあるギターが聴けるので全く飽きさせません。
今聴いても色褪せない名曲だと思ってます。
できたら今のMuteが再録した物も聴いてみたいですけどね。

他にもThe Ravenの国内盤にボートラとして収録されていた5曲目のRemember S. Jankisや続く6曲目のHow Close ?なんかも非常に可能性を感じさせてくれる曲だと思いますよ。
どちらもイントロでときめいちゃいますからね。
個人的にMuteのリフにはかなり弱いみたいです。

最近のMuteはヨーロッパをツアー中みたいですね。
その勢いで日本にまで来てくれたら最高なんだけどなぁ。
来るとしたら9月辺りで去年のThis Is A Standoffと同じパターンなんじゃないかと勝手に予想してます。
それともツアーが終わったら新作のレコーディングにでも入るんでしょうか?
まぁどちらの展開になったとしても楽しみであることには違いありません。
Muteには今後も目が離せないですね。

Mute MySpace
スポンサーサイト
  1. 2010/05/22(土) 06:36:00|
  2. Review M
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Mighty Midgets / Raising Ruins For The Future



お久しぶりでございます。
ここ最近今後の人生を左右するような大きなことがあったので全く更新できませんでした。
しかし書いてくれというとても嬉しい要望があったので書かせていただきたいと思います。

本日はデンマークの熱々メロディックハードコアバンドMighty Midgetsの最新作をご紹介します。
以前のEPがInter Punkで取り扱われていたのでご存知の方も多いと思います。
もちろんEPも持ってますが、こんなに熱かったっけなぁというのがこの作品を聴いた第一印象でしたね。
前作よりも更に熱く速く短いという3拍子が揃った作品になっておりますよ。

ほとんどの曲が1分から2分台で矢継ぎ早にぶち込んできます。
無駄に長いなと思う曲が飛び交うこのご時勢。
この潔さこそが私の求めていた物だと実感できますね。
それでいて熱さもあるんでシンガロングは必至。
これぞメロディックハードコアです。

もう1曲目のThoughts On Article 19からアドレナリン放出しまくりです。
これを聴いて燃えないならメロディックハードコアなんて聴くんじゃねぇといった説得力を感じます。
続く2曲目のYou Are Not Alone (The World Is Full Of Assholes)も熱すぎるんですよねぇ。
イントロなんていらねぇとばかりに飛ばしてますから。
この2曲だけで充分戦闘体勢に入れると思いますよ。

そしてわりとメロディック度の高い9曲目のToo Punk To Funk - Part Deuxもポイント高いですねぇ。
熱いんだけど癒されてしまうという不思議な感覚に陥ります。
こんな風に包み込まれたらすぐに落ちてしまいますね(笑)

Strike Anywhere好きな方からRentokill好きな方まで熱くさせてくれるバンドです。
現実逃避したくなった時に是非聴いてもらいたいですね。
しかし、これだけ短い曲ばっかりだと彼らのライブってすごく早く終わっちゃいそうな気がします。
それでも生で味わってみたいと思わせるバンドであることは間違いないです。

バンド直でも買えますしとても親切なメンバーなので気になった方は是非買ってみてください。
ステッカーも呆れる位付けてくれるはずですので。

Mighty Midgets MySpace
  1. 2010/04/04(日) 04:14:00|
  2. Review M
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MEAL! / MEAL!



本日もジャパニーズのバンドをご紹介したいと思います。
前回のNOISE CASPERもそうですが、ここ最近日本のバンドにグッとくることが多いです。
そんなわけで今日ご紹介するのは新潟の4ピースメロディックハードコアバンドMEAL!でございます。
リリースはWaterslide Recordsさんで8曲入りです。

実はこのバンドについてよく知らなかったんですが、マイミクさんの日記で紹介されていたので試聴してみたところ一気に引き込まれてしまったんです。
試聴してソッコーで注文してしまいました。
速い曲は速いし、とにかくギターのキレキレっぷりがハンパないんですよねぇ。
程よくメタリックでテクニカル。
頭にビッタリと焼きつくリフ。
このギターだけでもかなりポイント高いしワクワクしちゃいますね。

ボーカルさんがハードコアスタイルに近いんで好き嫌いが分かれるかもしれませんが、ボーカル・コーラス共に日本人には見られない熱さを持っています。
何でも全員ボーカルしてるみたいですよ。
しかもサビではシンガロング炸裂。
これは本当に熱すぎる。
ライブがとてつもなさそうな気がします。

個人的にはMySpaceでも試聴できる2曲目のAs a mean of existenceこれにやられました。
まぁ、イントロから好み中の好みなギターが炸裂してるんですわ。
これには鳥肌立ちましたよ。
サウンド面もよく計算されていて荒さも感じさせないですしね。
とにかく聴いていただければ私がつべこべ言うよりよくわかると思います。

他の曲も矢継ぎ早に繰り出されて行くので聴いていてすごく爽快ですね。
印象的なリフも多いし、ミドル目な曲も熱さ全開で思わず手汗かいてしまいます。
このバンドは近代メロディックハードコア要素もあり、古き良きハードコア的な要素もあるんじゃないでしょうか。
是非その耳で確かめていただきたいと思います。

ちなみに私は激安セールを開催していたSP RECORDSさんで購入しました。
ぶっちゃけセールよりこのバンドが目当てだったんですけどね。
気に入った方は是非買っちゃってくださいな。

MEAL! MySpace
  1. 2009/12/16(水) 11:09:00|
  2. Review M
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Mute / The Raven



約1年間にリリースされたカナダが誇るメロディックバンドMuteによる初のフルアルバムでございます。
この作品は中々思い入れというか印象が強いです。
というのもちょうどこの作品をガンガンにヘビロテしている時期にパソコンのデータが飛びまして。
一応バックアップはしてあったんですがそのデータがこの作品をインポートする前の状態でせっかく聴いてきた再生回数がリセットされるという始末。
あのまま聴き続けていたらと思います。

しかし彼らの音はだいぶパワーアップしましたよね。
昔のEPの時は中々乙なリフは弾いているんだけどちょっとキレイ過ぎて頼りないかなという印象だったんですが、この作品では結構腹に来る感じの重さになっていますしボーカルも力強くなっています。
それでいてギターもメタリックさが増しているという美味しすぎる変貌ぶりです。
メロディーもしっかりしていますしね。

どなたかがIVSを聴いてMuteに近いと感じたというレビューをされていたんですが私も近いものを感じますね。
IVSのメタリック加減をちょっと柔らかくしたらMuteっぽくなると思います。
普段聴かない人からしたら、どっちも大差なく同じに聴こえると思われるかもしれませんがこの微妙な違いが大きいんですよね。
どのバンドも同じに聴こえると言われがちなメロディックハードコア系の音楽ですが、微妙な違いを感じて喜べるから私はメロディックハードコアが好きなんです。

この作品に入ってる曲のうち何曲かは以前DemoがMySpaceで聴くことができました。
その時から比べても相当パワーアップしております。
中でも2曲目のComing Backでは相当の成長っぷりを見せてくれますね。
昔からの良さも残しつつ音が分厚くなっています。
途中のドラムドカドカ状態の時が最高にヤバいです。
バックでサラリと弾かれているメタリックなギターも必聴ですねぇ。
こういう細かい音が重なって1曲が作られているんだと実感できる曲だと思います。

同じくDemoで聴けた8曲目のCommunication Breakdown、1分弱で気持ち良く飛ばしてくれる9曲目のFading Outなどなどこの作品は素晴らしい曲たちが目白押しです。
はっきり言って捨て曲は見当たりません。
見つけちゃダメです。
リリースから1年たった今でも聴く度にテンションが上がる名作と呼べる作品だと思います。

このバンドを生で見たいと思っている人も多いんじゃないでしょうか?
国内盤もリリースされていることだし是非来日してもらいたいですよね。
とりあえずまだ聴いたことがない方はMySpaceで聴いてみてください。
おそらく買う気になると思いますんで。

Mute MySpace
  1. 2009/11/07(土) 12:09:00|
  2. Review M
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Mongrel / Speak Resistance



私が敬愛するドイツのメロディックハードコアバンドMongrel最後の作品です。
残念ながら2007年に解散していますが、俺は一生このバンドを愛し続けます!
それくらい好きです。

確か初めて聴いたのはコンピの中の1曲でこの作品にも収録されているSomeone's Got To Payでした。
いやもうぶったまげましたね。
暗くて貫禄のあるイントロから一気に弾ける瞬間に興奮を覚えました。
そして、このドイツらしいしゃがれたボーカル。
メタリックではなくスラッシーなギターにもやられました。
シンガロングしたりブレイクダウン気味に落としたりする所もあるんで、このバンドはおそらくハードコアからの影響もあるんでしょうね。

Mongrelはミドルテンポの曲も結構あるんですが、とても説得力があるのですんなり聴けてしまいます。
このボーカルに歌われたら例え童謡でもすげぇ貫禄のある物になってしまいそうな気がしますね(笑)

Mongrelを食い物に例えるなら、どっぷりの油で揚げきったトンカツでしょうか??
しかも寝起きに食う感じで(笑)
とてもしつこくて重たいんだけど、好きな人からしたらご馳走なんですよね(笑)
俺なら飯5杯イケますね。

というわけで捨て曲なんてもん探すだけナンセンスな作品だと個人的には思っております。
もう1曲目のChosen Onesからドツボ過ぎるんで。
その後も期待通りの楽曲たちが並んでます。
俺にとっては全て名曲です。

そしてこの作品を気に入った方は是非彼らのLast TunesというEPを聴いていただきたいです。
こちらはダウンロード専用で、MySpaceにURLが載ってて直接落とす事ができます。
まさに解散間際に録音された曲たちなんですが、俺は涙なしには聴けませんでした。
ミドルテンポの曲中心で、もう哀愁と熱さがハンパねぇです。
これ聴いてると悲しくなってきて仕方ないですよ。
復活してくんねぇかなぁ。。。

MySpace
  1. 2009/08/16(日) 22:30:00|
  2. Review M
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

Profile

Toshi

Author:Toshi


☆Personal Links☆
Classic End Distro
MySpace
mixi
Last.fm
Melodic Questionnaire
Melodic Questionnaire 2
Old Classic End
Twitter

Counter

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Soliloquy (45)
Review A (16)
Review B (10)
Review C (6)
Review D (19)
Review E (3)
Review F (14)
Review G (5)
Review H (13)
Review I (8)
Review J (7)
Review K (3)
Review L (14)
Review M (8)
Review N (15)
Review O (5)
Review P (6)
Review Q (1)
Review R (14)
Review S (28)
Review T (8)
Review U (3)
Review V (3)
Review W (8)
Review X (3)
Review Y (2)
Review Z (1)
Review # (3)
Review Split (7)
Review V/A (3)
Distro 予告編 (23)
Distro 本番 (16)
How To Order (1)
Live (1)
Ranking (6)
News (33)

Links

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。