Classic End(Melodic Hardcore Review Blog)

Fast Fantastic Melodic Hardcore!!!!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2009年上半期を振り返る。


7月ももう終わっちゃいますねぇ。
というわけでこの中途半端な時期に今年の上半期を振り返りたいと思います。
上半期を振り返ると言ってもベスト5形式で並べるだけですしもう下半期ですがお許しください。
それでは行きます。

No.5 This Is A Standoff/Be Disappointed

これは期待していただけに嬉しいリリースでした。
何やら9月の単独ではBelvedereの曲もやるとか?
これは行くしかないですね。


No.4 Skumdum/Demons From The Past

こちらはまさかの再発。
改めてSkumdumのすごさを実感しました。
Skumdumも9月に来日しますね。
果たして仕事休めるんだろうか?


No.3 After the Fall /Fort Orange

矢継ぎ早に繰り出される高速ナンバーが気持ちいい快作です。
アルバム通してコンパクトにまとまってる所もツボ。


No.2 IVS/Rest Assured, We Are Not Your Saviours

メタリックもここまできたかぁという驚きを覚えました。
これ以上やりすぎるとただのメタルです。


No.1 Does It Matter/A Patriot's Pride

今年は今の所この作品がダントツです。
再生回数もインパクトもハマり度も。
最初からいいんでスルメ盤じゃないんですけど、聴けば聴くほど引き込まれていきます。
自主制作とは思えないほどの音の厚みとクオリティの高さも◎


今年は豊作で他にも素晴らしい作品はたくさんありましたが、わりとすんなりと決まりました。
インパクトという点ではIVSとDoes It Matterは抜けてましたね。
こんな素晴らしい作品に出会えて俺は幸せだなぁとつくづく思います。
そしてディストロで関わった方や俺の知らないバンドをブログで紹介してくださった方にも感謝いたします。

さて今年後半はどんな作品が登場するんでしょうか??
個人的にはCraig's Brotherの新作が無事に年内にリリースされることを願います。
きっとすごい作品になることは間違いないでしょう。
それではまた。
スポンサーサイト
  1. 2009/07/31(金) 21:28:00|
  2. Ranking
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Backyard Surgeons / Totally Numb



オーストラリアはメルボルンのBackyard Surgeonsの新作EPです。
てか、最近ホントにオーストラリアのバンドのレビュー率が高い気がします。
サッカーではライバルですが音楽ではお世話になっているいいお友達です。

俺は前作のEPも持ってるんですが基本的な路線は変わっていませんね。
むしろよりタイトにかっこよくなって帰ってきてくれました。
今作はほとんど飛ばしてます。
アクセントとして落とすところはありますが全体的に勢いってやつを感じますね。

てか前作にも収録されていたBad Intentが今作にも入ってます。
今回は4曲目。
個人的にはこの曲かなり好きなんで嬉しいですね。
本人たちも自信があるんでしょう。
曲が足らなかったからとは言わせません(笑)
あと徐々にスピードアップしていく3曲目のTotally Numbもヤバいですね。

ご存知の方も多いと思いますがこの作品音狂いさんでディストロが決定したそうです。
まだ買ってない方は是非音狂いさんで買っちゃいましょう!

MySpace
  1. 2009/07/31(金) 20:36:00|
  2. Review B
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Outsiders Joy / SonnenbankgebräunterAnabolikamutant



まぁインパクトのあるジャケですこと。
というわけでドイツのメロディックバンドOutsiders Joyの2008年作品です。
レーベルはあの懐かしのWizoと同じHulk Räckorzでございます。

同じレーベルということもありWizo臭いバンドですね。
このドイツ語がたまらないのは言うまでもないですが。
メンバーが若そうなんで恐らくWizoに影響を受けているんでしょうね。
声も似てます。

若干おふざけっぽい雰囲気もあるバンドなんですがシリアスで本気モードの曲もあります。
またその曲がかっこいいんですわ。
やりゃあできんじゃんって感じです。
でも基本はポップで馴染みやすいほんわかとしたメロディックですよ。

で、そのシリアスな曲ってのが4曲目のSeele Voller Narbenでございます。
Trall臭いイントロで始まるってとこが一つ目のポイント。
私の耳が食いつきます。
そして走り出したと思ったらサビで哀愁満載で落とします。
私のツボであることは間違いないです。
そしていつの間にかリピートしているという名曲パターンにハマっていくのでした。

他にもスカテイストな13曲目のHörsturzなんか今の時期にピッタリですね。
引き出しの多いバンドは聴いてて飽きませんな。

通して聴いてみると不思議と90年代中期な感じがしてきます。
そういえば昔はこんなバンド結構いたなぁと懐かしさを憶えますね。
高速好きな方には大声じゃオススメできませんが、90年代が好きな方には非常にオススメしたいバンドです。

レーベル直でも買えますし、HMVでも買えるんですが結構値段が高いのが痛いですね。
レーベル直だと送料が高くついてしまいます。
CD1枚で20ユーロ越えは痛すぎる。
てことで俺はアメリカのAmazonで中古探して買いました。
アメリカのAmazonは結構使えますよ!
あまり見かけないCDが0.01ドルとかで売ってますし。
興味がある方は是非。

MySpace
  1. 2009/07/31(金) 01:26:00|
  2. Review O
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Burning Fiction / Don't Lose Touch



オーストラリアのメロディックハードコアバンドBurning Fictionの最新作でございます。
6月にリリースされたばかりの作品です。
まだInter Punkにも置いてません。
というわけでレーベルから直接買いました。

レーベルはLostboyfoundやRemain Opposedでお馴染みのPEE RECORDSです。
ここのレーベルのショップは到着早いしオマケがたくさんついてくるんでオススメですよ。

さてこのBurning FictionはStrung Out, A Wilhelm Scream, No use for a Name辺りに影響を受けてるようなのですが、This Is A Standoffに近い気もしますね。
レーベルメイトのLostboyfoundが好きな人も気に入るんじゃないでしょうか。

このバンド飛ばしにかかったときの迫力は結構な物がありますねぇ。
ギターもほんのりメタリックテイストですし最近の流れに沿ったメロディックハードコアだと思います。
てか、IVSを聴いてからは他のメタリックなバンドがあまりメタリックに感じなくなってきました(笑)
恐るべしIVS。

まぁ1曲目のOdeからおいしそうなギターライン奏でてますねぇ。
2曲目のDie Tryingではキレキレのカッティングなんかも入れちゃってます。
ここのギターはかなり好きかもしれません。
トキメキました。
あと9曲目のHow Many Timesと10曲目のCan's Kill Us Allもたまらんです。
特にCan's Kill Us Allは変則気味なリズムがクセになります。

しかしオーストラリアって国は次々に良質なバンドが出てきますね。
最近はカナダ以上のものがあるんじゃないでしょうか??
まだまだ未知のバンドが埋もれていそうです。
発掘しがいがありますねぇ。
ヨダレが止まりません。

そして良質なバンドをリリースし続けているPEE RECORDSも注目ですね。
試聴して気になった方はすぐPEE RECORDSで買っちゃいましょう(笑)

MySpace
  1. 2009/07/30(木) 00:15:00|
  2. Review B
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Screwl Stew / Growing Up



お許しを得たので早速レビューしたいと思います。
カナダのメロディックパンクバンドScrewl Stew幻の作品でございます。
しかしちゃんとしたジャケ写が見つからなくて苦労しましたよ。

以前High-Speed-FlowerさんやMelodic Hardcoreさんでレビューされていたのでご存知の方もいるでしょう。
そして血眼になって探した方もいると思います。
俺もその一人なんですが一向に見つかりませんでした。
ヤフオクでも見たことありませんでしたもんね。

そんな幻のCDを入荷させてしまったguricoさんは本当にリスペクトしちゃいます。
MP3でちらっと聴いたことはあったんですがまさか手元にCD自体がやってくるとは夢にも思いませんでした。
guricoさん本当にありがとうございました。

内容の方も幻に相応しいレベルの高い曲が揃っています。
恐らく誰もが1曲目のRealizeから度肝を抜かれるのではないでしょうか??
少なくとも俺は抜かれました(笑)
オープニングを飾るに相応しいぶっ飛ばしナンバーです。
この曲聴いただけでこのバンドの懐の深さがわかるような気がしますね。

その後は結構爽やかな3曲目Nightmareとか軽快な疾走感が心地よい4曲目Strike Out、緩めなイントロから疾走する7曲目のメロディックナンバーWhat You've等引き出しの多いバンドだなぁと実感させてくれます。

そして12曲目のInfluenceでまたまた度肝を抜かれてます。
イントロの途中でカウントが入るって所が非常にツボでそこで一気にテンション上がりますね。
この曲は緩急の付け方がホント秀逸です。
Bメロから一気に飛ばしていく展開にはかなりやられますよ。

哀愁全開とか全曲高速ってわけでもないんですけどこのバンドにはホントに魅了されますね。
センスが良すぎるんじゃないでしょうか??
至る所にツボが落ちてます。

この間もお伝えしたようにguricoさんのTHE FMH DISTROで再入荷が決定しております。
恐らく今回買い逃すともう見つからない気がしますね。
少しでも気になるなら是非買っちゃいましょう!!

本日は中々よろしい作品がいつくか手元に届いたのでまたちょこちょこレビューしていきたいと思います。

MySpace
  1. 2009/07/28(火) 19:37:00|
  2. Review S
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

Profile

Toshi

Author:Toshi


☆Personal Links☆
Classic End Distro
MySpace
mixi
Last.fm
Melodic Questionnaire
Melodic Questionnaire 2
Old Classic End
Twitter

Counter

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Soliloquy (45)
Review A (16)
Review B (10)
Review C (6)
Review D (19)
Review E (3)
Review F (14)
Review G (5)
Review H (13)
Review I (8)
Review J (7)
Review K (3)
Review L (14)
Review M (8)
Review N (15)
Review O (5)
Review P (6)
Review Q (1)
Review R (14)
Review S (28)
Review T (8)
Review U (3)
Review V (3)
Review W (8)
Review X (3)
Review Y (2)
Review Z (1)
Review # (3)
Review Split (7)
Review V/A (3)
Distro 予告編 (23)
Distro 本番 (16)
How To Order (1)
Live (1)
Ranking (6)
News (33)

Links

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。