Classic End(Melodic Hardcore Review Blog)

Fast Fantastic Melodic Hardcore!!!!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

This Is A Standoff / Be Excited



いよいよ今週末に迫っているThis Is A Standoffの単独ライブ。
勝手に一人で盛り上がっているわけですが何気にThis Is A Standoffを一枚もレビューしてないことに気付いてしまいました。
というわけでまずは1stからいってみたいと思います。

Be Excitedがリリースされたのは2007年の10月。
当時このリリースをどれだけの人が待ち望んでいたことでしょう。
BelvedereのSteveとGrahamが帰ってくる。
しかもギターがex-Forty Cent FixのJohnでベースがex-DevilleのCorey。
メロディックマニアにとってはカナダオールスターズと言っても過言じゃないメンバーでしたからね。

そして多くの方がBelvedereスタイルのサウンドを期待していたと思います。
もちろん私も期待していました。
しかし、This Is A Standoffは決してBelvedereではない。
それをはっきりと提示した作品だと思います。

Belvedere時代のように常に速いって事はないですしそこまでピロピロもしていません。
むしろメロディーが際立ってますよね。
速さで押すというよりは魂で熱く聴かせるといった感じでしょうか。
私の知り合いには、Belvedereはそこまで好きになれなかったけどThis Is A Standoffにはめちゃめちゃハマってるって人もいるくらいです。
私も最初はBelvedereの事が頭をちらついてましたが、これがThis Is A Standoffなんだとはっきり認識できた時にハマったなぁと思いました。

そんな事言っててもやっぱり速めの曲には目がないわけでして(笑)
特に6曲目のSilvioは聴き込んでいくうちに虜になりました。
とにかくSteveのボーカルが熱すぎる。
サビのコーラスもハマる要素としては充分すぎますね。
早く生Silvioが聴きたくて仕方ないです。

この作品はとにかく聴き込むことが重要かなと思います。
個人的にですが、聴き込んでるうちに段々と染み込んでくるんですよね。
そしていつのまにか全身が彼らの音に侵されています。
聴き込んだ事が2ndに繋がるのかなとも思いますし。
最初にイマイチだなと感じた人も諦めずに聴き続けてみましょう。
気付いた時には心の扉を開いて興奮しているかもしれませんよ。

This Is A Standoff MySpace
スポンサーサイト
  1. 2009/08/31(月) 22:55:00|
  2. Review T
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Strung Out New Song Up!!



いやぁこの写真ヤバいっすね!!
私はもうあなたたちの曲に何回殺されたかわからないですけどね(笑)

というわけで9月下旬に新作Agents Of The Undergroundをリリース予定のStrung Outの新曲がアップされていました。
しかも、試聴&ダウンロードできちゃいます。
ちなみに9月1日までですのでお急ぎください。
とりあえずこちらから。

Strung Out Black Crosses

気になるタイトルはBlack Crosses!!
もうタイトルからして期待通りといいますか、ヤバすぎる雰囲気がありますねぇ。
何かBlackってついてると勝手にそう思ってしまいます。

試聴してみてこれまたビックリ。
予想通りかっこよすぎる・・・・
イントロからもうワクワクさせてくれるというかすでに虜。
もう何回聴いたかわかんないです。
このピロピロはさすがStrung Outって感じですわ。
最近流行のプログレッシブな雰囲気も漂わせてますし。
まぁ、ほとんどの方は目がハートになってしまうと思います。

この1曲しか聴けないのでアルバム通してどんな雰囲気になるかはわかりませんが、おそらく最近のStrung Outのスタイルを崩すことはないでしょうね。
より重くなりそうな気もしますけどそれは大歓迎です。

弥が上にも期待が高まってしまいますね。
ヨダレが滴り落ちて仕方ないです。
てか、この作品のラストの曲のタイトルがAndy Warholっていうんですよ。
芸術家の名前をタイトルにするなんて一体どんな曲なんだろ??
すげぇ気になります。

発売まで1ヵ月を切りましたし、この曲を聴ききながら楽しみに待ちましょう!!
みなさんもヨダレにはご注意を。

Strung Out MySpace
  1. 2009/08/30(日) 21:44:00|
  2. News
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No Credit / Rock N Roll With Fast Bits



やっぱりディストロするにあたりレビューしなきゃいけませんよねぇ。
というわけで、最近恐ろしい事になってきているオーストラリア勢の中でも男臭さと哀愁度は上位になるであろうNo Creditの初音源でございます。

No Creditは2007年に結成されたばかりのバンドでLagwagon・NOFX・No Use For A NameといったFat系の大御所に影響を受けているようです。
またBackyard SurgeonsやLostboyfoundといった今オーストラリアで勢いのあるバンドたちとも仲良さんみたいですね。

マニアの中ではそこそこ知られていたバンドだと思うんですが、中々話題に上がらなかったのはそこまで高速じゃなかったからでしょうか??
このバンドはイントロとか間奏では高速フレーズを散りばめてるんですけど、サビは速さより哀愁を重視してじっくり聴かせるといった印象です。
でも私にとってはそれこそがツボであり彼らにハマった要因なのであります。

高速フレーズで引き寄せられ、哀愁たっぷりのまさかの展開に驚愕しました。
そして、いつのまにかメロディーを口ずさんでいるから恐ろしい。
このバンドはかなりのスルメちゃんだと思いますよ。
いつのまにか脳を占領されてますからね。
若干曲が長いですけどそれもご愛嬌です。

そしてお決まりのように渋くてしゃがれてるボーカル。
私の琴線に触れてくる泣き虫ギター。
じっくり聴けば聴く程自分の好みな部分が見つかるバンドです。

個人的には3曲目のJuliemにかなりやられてます。
決して速くはありません。
しかしそれを補って余るほどの哀愁とメロディーの良さは折紙つきですね。
てか、間奏の泣き泣きギターは卑怯ですわ。
風呂に入ってても思わず口ずさんでしまいます。
まさにこれからの季節、秋にピッタリだと思う曲です。

速さも大事だけど、男臭さと哀愁の方が重要だぜって方には大手を振ってオススメしたいバンドです。
おそれく何回も聴いてるうちにNo Creditというバンドに脳を侵されると思います。
ホントの薬物はいけませんが、こういうクセになる音楽という薬物ならいくらでも侵されたいですね。
私はもうメロディックジャンキーですから。

さて気になるディストロ情報ですが、このNo Creditはもう我が家に到着しております。
ただ、Whalifaceも来週頭には届きそうなので、Whalefaceが届き次第同時に販売開始したいと思います。
その方が梱包も楽ですし、両方買っていただいた方に銀行の手数料を2回払っていただくのも申し訳ないので。
申し訳ありませんがもう少々お待ちください。

あとこの間ちょっと書いた今交渉中のバンドなんですが中々メールが来ません。
まぁ相手からの最初のメールも、こっちがメールしてから2週間たってましたからね。
このバンドの音源だけは何とか手に入れたいので慎重に進めていきたいと思います。
ご期待くださいませ!!



No Credit MySpace
  1. 2009/08/30(日) 01:41:00|
  2. Review N
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Rentokill / Back To Convenience



私が最敬礼してしまうくらい愛しているオーストリアのRentokillの記念すべき1stでございます。
この作品は2005年にリリースされたもので、IN-n-OUT RECORDSさんから国内盤もリリースされています。
結成が1996年なので暖めに暖めた上でリリースされた作品なんですね。

私はこの作品を軽く試聴しただけでピーンと来てしまいソッコー注文したというくらい好きなんですよ。
運命の女に出会った時ってこんな感じなんですかねぇ??
独身貴族の私にはわかりませんが。
てか、このペースでCD買い続けてたら結婚なんて一生できないでしょうね(笑)
まぁそれも人生です。

話はそれましたが、RentokillはRancidとStrike Anywhere辺りを適量よく混ぜてじっくり煮込んだ物に高速という隠し味を少々入れたら出来上がりましたというようなバンドです。
男臭すぎるボーカルにポリティカルな雰囲気がこれまたたまらないわけですよ。
純粋な高速メロディックというわけではないですが、しゃかりきに飛ばししつつ大人の哀愁を振りまく曲もあるんで高速マニアの方々にも楽しんでいただけると思います。
この作品ではRancidのOlympia W.a.もカバーしていますし、とにかく熱いバンドですね。
いい意味でヤケドしまっせ。

もう1曲目のRecuerdos De Phoolan Deviからハートを射抜かれてしまいます。
この何かやらかしてくれるだろうという期待感いっぱいのイントロからしてヤバいです。
渋かっこいいです。
ライブ映えしそうな曲なんで是非ライブが見てみたい。

そして6曲目のSigns Of Zodiacで頂点に達します。
この曲はもう言葉にならないくらい愛してます。
ダイレクトに私の脳を刺激してきますし、勝手に拳が反応してしまうんですよねぇ。
ラストの盛り上がり方なんて身震いしちゃいますよ。
ここだけの話、この曲のライブ映像を発見した時は大人気なく発狂してしまいました(笑)
近くにいた家の猫が逃げました。

最近のRentokillはAnti-FlagとのSplitを7インチでリリースしたり、単独でThe O.S.E.という12インチをリリースしております。
相変わらずポリティカルな姿勢は崩していないようですが、是非CDでもリリースしていただきたいですね。
私、レコードプレイヤーを持っていませんので。
そんな素晴らしい物買ってしまったら余計に出費が増えてしまうこと間違いなしですし。
まぁ焦らされるのは嫌いじゃないですけどね。
またまた話がそれましたが、熱くて速いバンド好きな方は試しに聴いてみてくださいな。

ちなみにこの記事を書き終える直前に間違えて消してしまって書き直しました。
かなり萎えました。



Rentokill MySpace

  1. 2009/08/29(土) 12:36:00|
  2. Review R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DUMPRILONGER / Judgement Day-S : As long as there is a lifetime...



今回は9月4日にThis Is A Standoffと共演予定の横須賀のメロディックリーサルウェポンDUMPRILONGERでございます。
9月4日は日本語メロディックハードコア・Easelも出演しますよ。
実はこの両バンドも非常に楽しみなんです。

DUMPRILONGERは横須賀・横浜を中心に活動していまして、この作品を2007年にリリースしております。
5曲入り9分弱なんですぐに終わってしまうんですが、かっこいいからついつい何回もおかわりしちゃいます。
飯5杯はイケますね!
ついでに夜のオカズもいらねぇや。
mixiでいつもお世話になっているWちゃん。
あなたの街にもこんなにステキなバンドが存在するんですよ。
是非ライブに行ってみてください。

彼らはNOFX・Belvedere・The Ataris・Useless ID・BeerBong辺りに影響を受けているそうです。
確かにUseless ID並のメロディーの良さを持っていますし、速い曲ではBeerBong並のドラミングを展開していたりと中々のテクニシャンだと思いますね。
飛ばす所は飛ばし、聴かせる所は聴かせる。
この緩急が個人的にはたまりません。

もう1曲目のJudgement Dayのイントロから来ちゃいますね。
メタリックなギターと何かを期待せずにはいられない雰囲気が私の欲望をあおってきます。
Judgement Dayってタイトルの曲は外れがないですね。
Pennywise然り、この間レビューしたBreakneck然り。

そして2曲目のAriaはホントに名曲。
メロディーが心に染みすぎます。
切な過ぎますわ。
サビの飛ばし具合もより拍車をかけますね。
高速ドラムに泣き泣きのギター。
この組み合わせは反則です。

1週間後にこの曲たちがライブで聴けると思うとまた余計にテンション上がってきます。
こんなにドキドキしちゃって私の心臓はあと1週間もつのでしょうか??
そして早く新曲も聴いてみたいです。
ライブではきっとやってくれるんでしょうねぇ。
妄想が膨らみますねぇ。

いやぁホントに彼らは和製BeerBongと言っても過言じゃないです。
というわけでBeerBong好きな人は是非聴いちゃってください。
ハマると思います。

DUMPRILONGER MySpace
  1. 2009/08/28(金) 13:26:00|
  2. Review D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

Profile

Toshi

Author:Toshi


☆Personal Links☆
Classic End Distro
MySpace
mixi
Last.fm
Melodic Questionnaire
Melodic Questionnaire 2
Old Classic End
Twitter

Counter

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Soliloquy (45)
Review A (16)
Review B (10)
Review C (6)
Review D (19)
Review E (3)
Review F (14)
Review G (5)
Review H (13)
Review I (8)
Review J (7)
Review K (3)
Review L (14)
Review M (8)
Review N (15)
Review O (5)
Review P (6)
Review Q (1)
Review R (14)
Review S (28)
Review T (8)
Review U (3)
Review V (3)
Review W (8)
Review X (3)
Review Y (2)
Review Z (1)
Review # (3)
Review Split (7)
Review V/A (3)
Distro 予告編 (23)
Distro 本番 (16)
How To Order (1)
Live (1)
Ranking (6)
News (33)

Links

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。