Classic End(Melodic Hardcore Review Blog)

Fast Fantastic Melodic Hardcore!!!!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Utopia Now / Myopia



今日はかなりの変り種、ドイツはベルリンのUtopia Nowをご紹介したいと思います。
何が変わってるって、現在はStephanさんのソロプロジェクトだという所。
この作品は2007年にバンド形態で録音したらしいのですが、その後メンバーが抜け今ではStephanが全てのパートをこなしているそうです。
かなり健気。

ちなみにこの作品をまだ買えるのかメールした所、ご丁寧にダウンロードのリンク先が貼り付けられて返ってきました(笑)
もう少し深く話してみたいと思います。
従って、私はまだダウンロードした曲しか聴いていません。
しかしあまりにもツボな為、今回レビューする運びとなりました。
どうかお許しください。
だってかっこいいんだもの。

そして今Stephanにダウンロード先を教えてくれとメールすると、MySpaceでしか聴けないソロプロジェクト後の曲も落とせます。
一昨日アップしたばかりのホヤホヤですよ(笑)

実際に曲として聴くともちろん1人で全てを担当してるとは思えないんですが、Stephanのセンスが爆発しているのがよくわかりますね。
特にThe Power Of A Desperate Mindという曲は個人的に一押しです。
ありがちなようでどこか新しい。
そんな印象です。

バンド音源、ソロ音源共に言えるんですが、Much The Sameを少し甘くしたような感じの音だと思います。
Side Outの速い曲が好きな方にも気に入ってもらえるかもしれません。
エッジの効いた演奏にスクリーム気味コーラスや甘めなコーラスが飛び交って私の心をそそりますね。
弱点という弱点を全て突かれたような感じです。

ぶっちゃけ、いい意味であんまりドイツっぽくないですけどね。
クセがほとんどないんで聴きやすいですから。
Stephanの趣味がよくわかりますよ。

試聴して気になった方は是非そんなStephanにメールしてみてください。
きっと喜んで教えてくれると思います。
そして私はCDがあるのか追求していきます。

追記
その後もいくつかのダウンロード先を教えてくれました。
前にやってたバンドの音源も含め。
恋人へ捧げた曲もラブラブな写真と一緒にくれました。

そして聴いていくうちにBad Religionからの影響がかなり強いことに気付きました。
Sorrowのアコースティックカバーもしていたくらいです。
これは中々聴き応えがありましたね。
みなさんにも是非聴いていただきたいです。

Utopia Now MySpace
スポンサーサイト
  1. 2009/09/30(水) 18:57:00|
  2. Review U
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Play Attenchon / La Ilusión Que Llevas



Coalitionリリース記念第2段です。
チリのメタリック度高めな高速メロディックハードコアバンドPlay Attenchonの1stでございます。
2008年リリースで中々評判も高かった記憶があります。
てか彼らはよっぽどプレステが好きなんでしょうねぇ。

チリといえば私はサラスとサモラノしか思い浮かびません。
このツートップはすごかった。
今となっては私の中でPlay Attenchonはこのツートップを越えてしまいましたが。

もちろん彼らのこの作品もすごいことになってます。
メタリック+母国語って私の大好物ですから。
食い物に例えるならカツカレーです。
でも、この組み合わせのバンドってあまり見かけない気がします。
下手したらしつこくなりすぎるからでしょうか??

音的には絶対にBelvedereとSatanic Surfersが好きだろって音を出してますね。
高速一辺倒な方でこれ嫌いな方ってあんまりいないんじゃないでしょうか。
メタリックさも丁度いい塩梅だと思います。
それでいて中々ドラマティックですし個人的には文句の付けようがありません。

そういえば以前Tribute to Belvedereがリリースされるって話がありましたがあれってどうなったんでしょ??
バンドや曲も発表されて結構本格的に話進んでたみたいでしたけど。
私は密かにいつかリリースされることを待ちわびています。

話をこの作品に戻しますが個人的には捨て曲がないと思っています。
アルバム1枚通して聴いてこそ価値がある作品だと思いますし、自然と1周聴かせてくれる力のある作品ですね。

そんな中でも鳥のさえずりから始まる4曲目のDespertarが一番のお気に入りです。
鳥のさえずりとイントロのメタリックなギターのギャップがたまんないですね。
終始ドラマを感じさせる展開もヤバいです。

そしてラストにふさわしい13曲目Verte Respirarなんかもう感極まりそうです。
身の毛がよだつというか背筋が凍るというか。
恐怖に似た興奮が味わえますね。

CoalitionではCraig's BrotherのInsult To Injuryをカバーしているということで個人的には大ニュースなんですよねぇ。
この曲はホントに聴きたくて仕方ない。
これを聴くまでは死ねないというと大袈裟ですが、これを聴かないで死んだらかなり後悔すると思いますね。

母国語から英語にシフトしまっているそうですが今までのメタリックさが消えてなければ平気でしょう。
彼らのMySpaceでも軽く試聴できますが臭さが抜けていい感じです。
もちろんCraig's Brotherのカバーも全部聴けないですがかなり期待値が上がりましたね。
まだの方は是非MySpaceで聴いてみてください。

Play Attenchon MySpace
  1. 2009/09/26(土) 10:09:00|
  2. Review P
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Hateful Monday / Take A Breath



ご存知スイスのHateful Mondayの正式なリリースとしては1stになるであろう作品であります。
リリースされたのは2003年。
私の中では安全ピンジャケとして有名です。

こちらもだいぶ前に注文してたのに今日届いたという因縁めいた作品なんですよね。
何でも手違いで一回彼らの元に戻ってしまっていたらしいです。
それなら仕方がない。
ごめんねという手紙を添えてくれたから大目に見ます(笑)

Hateful Mondayといえば先日のThis Is A Standoff単独の時にギターのGr3gが見に来てたということであちらこちらで話題になっていましたよね。
私も当日人伝にスイスのバンドの人だとは聴いてましたが、まさかHateful Mondayだとは思ってもみませんでした。
彼の間近で見てたし、ダイブも受け止めたくせにわかりませんでしたよ。
どさくさ紛れにステージに上がってSteveと絡んでた人がまさかねぇ。
サインもらっておけばよかったな。

さてこのTake A Breathですが、はっきり言ってこの後の2枚のアルバムと比べると音はイマイチですね。
しかし所々に可能性がうかがえますし、私の琴線に触れる哀愁とメロディーを聴くことができます。
音が悪いといっても耳障りなレベルじゃないですしね。
逆にこの荒さも心地いいっちゃ心地いいですよ。

個人的には静かなイントロから一気に解き放たれる5曲目のNear Death Experienceなんかはすごくセンスを感じます。
曲の終わり方に余韻がある所もこの後の作品に繋がっている部分だと思いますよ。

そして微妙な哀愁と飛ばし具合が特徴な11曲目のA Hate Songもいい感じですね。
もう一押しあればもっといいんだけどなぁと思ってしまうのは仕方がない所ではありますが。
それでも充分好きな曲と言い切れますけどね。

というわけで彼らの歴史を振り返るにはもってこいの作品だと思います。
ボーカルの声もちょっと違う気もしますしね。
この後の成長っぷりがうかがい知れます。
できればこの作品から聴いていくといいのかもしれませんけど。

まだ買えると思うので興味のある方は是非購入してみてください。
この後の2作品はまたレビューしたいと思います。

Hateful Monday MySpace
  1. 2009/09/25(金) 15:16:00|
  2. Review H
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Actionmen / The Game



Coalitionリリース記念ということで、イタリアの高速メロディックバンドActionmenの1stを振り返りたいと思います。
リリースはもちろんBells Onさんで2007年のリリースでした。

すごろく付きというかなり変わったリリースをしてくれた彼らですが、音も変わってるというか斬新すぎますよね。
高速サウンドをベースにファンクやらメタルやらジャズのテイストも入っているという変り種。
センスが良すぎるんでしょうね。
初めて聴いた時はなんじゃこりゃと故松田優作氏の名台詞のように驚き度肝を抜かれたもんです。
同業のメロディックバンドからの評価も高いですもんね。

これだけ多くの音楽の要素を含んだ曲をやっているだけに演奏レベルも高いですし、それをしっちゃかめっちゃかにせず上手く曲としてまとめるセンスも素晴らしいと思います。
様々なジャンルをミックスさせてみようという発想をする人は多いかもしれませんが、それを実行してしまう所がホントにすごいですよね。
ましてやメロディック業界では稀ですから。
それでいてメロディーがしっかりしてるんだから尊敬に値するバンドだと思いますね。

個人的には1曲目のBoyfriend's Habits (Kazim)からすっかり度肝を抜かれてしまいました。
この曲は比較的ストレートなメロディックナンバーですね。
チョイチョイ聴けるメタリックなギターとベースの動き方がすごくツボ。
彼らのセンスを垣間見るには丁度いい曲だと思います。
私は今でも頻繁に聴いています。

そしてイントロから爆発する4曲目のEverynightも中毒性が高いですねぇ。
この曲の微妙なスピードの緩急の付け方が好きなんですよ。
落としすぎない所が心憎いなぁ。
この曲は高速好きな方にはドツボでしょう。

はっきり言ってActionmenに似たバンドって思いつきません。
多分いないんじゃないかな。
なので、まだ聴いたことがないけど気になってるって方がいたらすぐに試聴してみてください。
そこで少しでも気に入ったら購入することをオススメしますよ。
期待に応えてくれるバンドですから。

先日リリースされたCoalitionでは日本語にもチャレンジしているというActionmen。
私はまだ聴いていませんが非常に楽しみですし、日本人としてとても嬉しく思いますね。
そのうち目の前で見る機会も訪れることでしょう。

そのCoalitionですが無事に楽天で注文することができました。
しかし取り寄せになるためいつ我が家へ届くかはわかりません。
楽天ポイントでの購入にこだわりすぎてしまったかなと少し後悔してますがタダなんだから我慢するしかないですね。
無事に届いて聴いた際には盛大にレビューしますのでお楽しみに。

Actionmen MySpace
  1. 2009/09/25(金) 07:58:00|
  2. Review A
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

The Knob / Call To Arms



個人的にかなりお待たせされたフィンランドのメロディックバンドThe Knobの3rdでございます。
なんせ彼らに頼んだのが6月くらいでしたからね。
家に着いたのが正に今日です。

中々来ないから何回もやりとりをしました。
その度に彼らは親切に対応してくれたんでその点は感謝しています。
哀愁度が高いバンドに悪い奴はいない気がしました(笑)

さてさて、1st・2ndでも非常に中毒性の高い哀愁メロディックを聴かせてくれたThe Knobですが、今回の作品も中々ヤバい事になってますねぇ。
待たされた分、私は余計にそう感じてしまうかもしれません。
まだサラっとしか聴いてないんですが充分なインパクトがありましたよ。
更に哀愁度が増してますし、音もいい感じの重みが出てきた気がしますね。
メロディックマニアさんたちの間では有名なバンドですが、このまま埋もれさせとくのは非常にもったいないです。

毎度お世話になっているguricoさんのTHE FMH DISTROでも入荷されたみたいですがまだ在庫あるのかな?
まだ持ってない方は急いでアクセスしてみてくださいね。

個人的には短いながらも緩急の使い方が抜群に上手いと感じた3曲目のFYA、イントロからピンコ立ちの5曲目Speak Of The Saints、風格すら感じる激メロディックナンバーの7曲目First Blood (Second One)辺りがお気に入りです。

そして、10曲目Masterplanからラスト13曲目Master Of Disguiseまでの畳み掛け方がハンパなくヤバいと思いました。
特にこの反則的なメロディーにはホントに体を蝕まれますね。
もう速さとか関係ないレベルに達してしまってる気がします。
The Knobは本物だと再確認しました。

こんなに素晴らしい作品ならもっと早くに聴きたかったとも思いますが、敢えてこの秋に聴けた事には運命的な物を感じずにはいられません。
なぜなら秋にぴったりだと思うからです。
タイミング良く届いたとポジティブに考えるようにします(笑)

はっきり言って今年のランキングではかなり上位に来ますね。
これだけサクサク聴けちゃう作品はそうそうありませんから。
哀愁という言葉が弱点の方は意地でも手に入れてください。
それだけの価値は充分ありますよ。

The Knob MySpace
  1. 2009/09/24(木) 18:05:00|
  2. Review K
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

Profile

Toshi

Author:Toshi


☆Personal Links☆
Classic End Distro
MySpace
mixi
Last.fm
Melodic Questionnaire
Melodic Questionnaire 2
Old Classic End
Twitter

Counter

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Soliloquy (45)
Review A (16)
Review B (10)
Review C (6)
Review D (19)
Review E (3)
Review F (14)
Review G (5)
Review H (13)
Review I (8)
Review J (7)
Review K (3)
Review L (14)
Review M (8)
Review N (15)
Review O (5)
Review P (6)
Review Q (1)
Review R (14)
Review S (28)
Review T (8)
Review U (3)
Review V (3)
Review W (8)
Review X (3)
Review Y (2)
Review Z (1)
Review # (3)
Review Split (7)
Review V/A (3)
Distro 予告編 (23)
Distro 本番 (16)
How To Order (1)
Live (1)
Ranking (6)
News (33)

Links

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。