Classic End(Melodic Hardcore Review Blog)

Fast Fantastic Melodic Hardcore!!!!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Low Value / Recharge



今年も期待せずにはいられない激速レーベルHigh-Speed-Flower Recordsさんからの今年第1弾リリース作品をご紹介いたします。
In-Saneに続くスロベニアからの刺客Low Valueの2ndRechargeでございます。
予断ですがスロベニアと言えばザホビッチ(既に引退してしまったサッカー選手)ですよね。

前作も国内盤としてリリースされていたので聴いたことがある方も多いのではないでしょうか?
私ももちろん前作は何回も聴いてますし、彼らの一筋縄では行かないメロディックハードコアに今後も期待していました。
しかし、それから名前を聴くこともなくむしろ活動しているのかも謎でした。
そこへKu-geさんから新作リリースのニュースが。
しかも世界最速&日本盤のみボートラ付きというじゃありませんか。
このニュースには久々に上がりましたし、一体どう変化しているのかという期待が込み上げてきましたね。

一切視聴せずに購入させていただいたんですが、もう1曲目から度肝抜かれました。
何じゃこのパワーアップ具合はと。
サウンドの厚み・構成、そしてメロディーが素晴らしいじゃないか。
メタルしちゃってる曲や7分を超える壮大な曲、短めにメロディックハードコアをかます曲、メロディーを大切にしている曲など様々な曲が詰まっています。
彼らのチャレンジするという意欲が表れている作品だと思いますよ。
そりゃしばらくリリースなかったわけだよなぁと納得してしまいました。

先ほども書きましたが1曲目のMy Shameには思いっきり度肝抜かれましたね。
もうイントロから気合が入りすぎです。
ザクザクメタリックなギターに力強くも繊細さがうかがえるボーカルのマッチ具合が最高です。
サビ終わり付近のメロディーもたまらすぎますね。
ただ速いままで終わらせない展開もヤバいです。
しかし1曲目にこんな素晴らしい曲を持ってくるなんて卑怯すぎますね(笑)
この先の曲に期待せずにはいられませんから。
彼らの世界観に一気に引き込んでくれる1曲です。

続く2曲目のOn The Roadは打って変わってメロディーを大切にした切ない系メロディック。
このギャップにはみなさんやられると思いますよ。
ボートラの2曲は正にメロディックハードコアしていてこちらもヤバいです。
おまけにしちゃ強力すぎますね。

そんな中個人的に最もお気に入りなのは6曲目のInside Of A Monsterでございます。
さりげなく速くなっていく展開と重めなメタリックさがツボすぎますねぇ。
最近本格的にメタルも聴き始めようかと葛藤している私にはドンピシャな曲でございました。
この曲を聴き終わってから余韻に浸っている瞬間がたまらなく気持ちいいです。

今年一発目からこんな素晴らしい作品に出会えて最高に幸せですね。
今年も1年素晴らしい年になりそうな気がしてきました。
Ku-geさん、Low Valueのメンバーに感謝の気持ちで一杯です。

そんなわけで絶賛発売中のこの作品、まだの方は是非High-Speed-Flower Records Shopにてお買い求めくださいませ。
きっと私みたいに幸せな気分になれると思いますよ。

そしてこれまた予断ですがこのレビューを書いている途中にパソコンの電源が落ちました。
一番恐れていた事が起きてしまいました。
締めに差し掛かっている時だったので、その脱力感は言い表せない程の物でしたよ。
ホントに早く新しいパソコンが到着してほしいです。

Low Value MySpace
スポンサーサイト
  1. 2010/01/24(日) 08:40:00|
  2. Review L
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LIGHTS FROM THE GUTTER vol.1予約開始迫る!


様々なブログでも既にご紹介されていますが、MISLED BALDS/FIRST RETRIEVE/NOW OR NEVERというジャパニーズ・メロディックハードコア3バンドによるSplitアルバムLIGHTS FROM THE GUTTER vol.1が3月20日にリリースされます。
リリース元は私が個人的にもお世話になっているNOW OR NEVERのゾリさんが運営しているCOCK SUCK RECORDSさんからです。
曲のリストはこのような感じです。

MISLED BALDS 
1, intro
2, testament lines
3, unfinished sealed fiction of ward
4, piece of youth
5, outro world (aerosmith's fallen angels)

FIRST RETRIEVE
6. suspicion
7. filter
8. 3minutes driving
9. backward movement

NOW OR NEVER
10.RESOURCES
11.Mr.LAGER BEER
12. People behaving the almighty
13. Replaceble person or not


まぁ嫌でも期待せずにはいられないメンツなんですが、個人的にはこのジャケにやられましたね。
ケルベロスジャケですからね。
今にも私たちに噛み付いてきそうな雰囲気にこのリリースの本気度がうかがえます。
早く食いつかれたいし、むしろヨダレダラダラなのはこっちなんですけどね(笑)
首を洗って待っているのでどうぞ遠慮なく噛み付いてください。

気になるお値段は1050円。
財布にはとても優しい価格です。
この値段なら小学生でも買えますからね。
身近に小学生がいる方は是非強制的に買わせましょう。
子供の頃からこの作品を聴いておけばきっと立派な大人に成長してくれるはずです。

そしてこの作品の予約が1月20日から始まります。
しかもDISK UNIONで予約するとライブDVD-Rも付いてくるという太っ腹ぶり。
どれだけこちらの欲求を満たしてくれる気なんでしょう。
ゾリさんを始めこの作品に関わった全ての人に感謝したい気持ちで一杯です。

この作品は海外のメロディックハードコア好きはもちろん、生半可な日本のメロディックを聴いて満足している人たちにも聴いてもらいたいですね。
本物のジャパニーズ・メロディックハードコアに触れてもらいたいと思います。
衝撃を受けることは間違いないですから。

下記の情報があれば全国のCDショップでも予約できるみたいなので興味を持った方は明日ソッコーで近くのCDショップに駆け込んでください。

品番 CSR-006

価格 1,050円(税込み)

発売日 平成22年3月20日

流通 DISK UNION

バーコードナンバー 4988044984028

私はライブDVD-Rが俄然欲しいのでユニオンで予約させていただきます。
そしていつか大阪まで乗り込んで実際にお目にかかりたいと思っております。
あと、この作品には私の個人的なとあるお楽しみがあるのでその部分も早く聴きたいんですよねぇ。
もう待ちきれないです!

それと、ゾリさんの方でこの作品の宣伝活動に協力してくれる方々を募集しています。
宣伝活動の例としてはこんな感じです。

・こちらで用意した営業資料を最寄のレコード店へ予約がてら渡してもらう

・フライヤーをお近くのお店へ置いてもらう、ポスターを貼ってもらう

・ブログにて上記情報をアップしてもらう

・ライブの終了時等にフライヤーを配ってもらう

もし、協力できるという方がいらっしゃいましたら是非COCK SUCK RECORDSさんからゾリさんにコンタクトしてみてください。
私も自分なりに考えて宣伝していきたいと思っています。
この作品をより多くの方に知ってもらう為に。
そしてジャパニーズ・メロディックハードコア発展の為に。

COCK SUCK RECORDS

Misled Balds MySpace

First Retrieve MySpace

Now Or Never MySpace
  1. 2010/01/19(火) 11:07:00|
  2. News
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

完全なる独り言。


最近あまりCDを買っていません。
パソコンの調子が悪くて仕方ないんです。
つい先日もiPodを同期しようとしたらiPod内の音楽データが全て飛びました。
幸いパソコンに入っているデータは無事でした。
パソコンが悪いのかiPodが悪いのかわかりませんが、私の運が悪いのは確実ですね。
再び同期しようとしても途中でパソコンの電源が落ちますし。
おかげでiPodの完全復旧にはまだ至っておりません。
このブログもいつ電源が落ちやしないかヒヤヒヤしながら書いております。

こうなると先日注文したパソコンにいち早く届いて欲しいところなんですが、到着予定日がさりげなく一週間延びておりました。
今週の木曜日には到着する予定だったのに。
しばらくはこのポンコツすれすれのパソコンとお付き合いしなければなりません。
久々にディストロしようと思って交渉もしだしているというのに。
結構前に交渉していたとあるバンドは昨日発送してくれたみたいですけどね。
果たしていつ届くか。
パソコンが先かCDが先か。
今回はかなりお安く提供できるかもしれませんのでどうぞお楽しみに!
それではまた。
  1. 2010/01/19(火) 10:12:00|
  2. Soliloquy
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Duff / Tallone Da Killer



本日は以前MILESTONEさんでもDistroされていたイタリアのメロディックバンドDuffの新作をご紹介します。
イタリアの名門Wynona Recordsから昨年の10月にリリースされた作品です。
彼らも着実に出世してますね。

私は彼らの過去の作品はDiswacciuwontしか持っていないんですが、それと比べてだいぶ音が垢抜けたなぁという印象を持ちました。
こもった感じがなくなりかなり突き抜けたサウンドになっています。
そして爽やかすら感じる爽快なメロディックですねぇ。
母国語で歌っているのに変な癖はないですし。
むしろメロディーが良いから聴きやすい部類に入ると思いますよ。
普段イタリア語に違和感を感じる方にも聴きやすいんではないでしょうか?

しかしNOFXっぽいってのは変わらないですねぇ。
完全に意識してるやろ?
逆に意識してるから聴きやすいのかもしれない。
いやきっとそうに違いない。
最近のイタリアバンドらしくない所も好印象ですね。

何を隠そう先日レビューしたLinternoと同時購入したのはこの作品だったのです。
実はDuffをDistroしようかなとも思ってたんですが在庫があまりないようだったので諦めたという事実も付け加えておきます。
届いた頃はLinternoばっかり聴いていたんですけどDuffも癖になりますね。
聴き始めたら止まらなくなります。
緩い曲がバランスよく入ってるし、爽快に飛ばしつつメロディーがびっしり頭にこびり付く曲が多いのです。

そんな中私のお気に入りは爽快度もNOFX度も高めな7曲目のDieci Anni Faでございます。
NOFXだったらこんな曲作りそうだなぁという感じが思いっきりしますけど。
それでもかっこいいんだから良しとします。
途中で入り込んでくる哀愁を誘うギターもいい感じなんですよね。

あとややメタリックなギターが印象的な9曲目のUna Vita Di Successoもきますねぇ。
この流れ具合最高です。
サビなんてやたら響いてきますね。
これだけ叩き込まれたらそりゃ脳にこびり付きますって。

というわけでFat好きな方いかがでしょうか?
更に母国語好きだときたらピッタリ来る作品だと思いますよ。
Wynona Recordsからリリースされてるんで入手困難ってこともないでしょうし。
欲しい方はWynona RecordsのMySpaceからメールでアタックしてみてください。
それではまた。

Duff MySpace
  1. 2010/01/09(土) 13:16:00|
  2. Review D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Linterno / Take The Train Of Your Soul



あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
というわけでみなさんは新年はいかがお過ごしになられたでしょうか?
私はほぼ仕事でした。
まぁ残業がなくなってきて定時で帰れるのは嬉しいですけどね。

ただ、自宅のPCの調子がいよいよ悪くなってきました。
起動時に変な音がしたり急に電源が落ちたりします。
そういうわけで新しいPCを注文してしまいました。
到着までだいぶ待たされるみたいですけどね。

関係ない話はここまでにして早速新年1発目のレビューに行きたいと思います。
本日ご紹介するのはイタリアのメロディックハードコアバンドLinternoでございます。
わりとハードコア度の高いバンドで私は気に入っています。
ちなみにこの作品は記念すべき1stで2007年にリリースされた物です。

MySpaceをご覧いただければわかるんですが錚々たるバンドの影響を受けています。
その中でもGood RiddanceやStrike Anywhereに近いものがあるんじゃないかな。
気合と熱さそして少しばかりの泣きが特徴のバンドだと思いますね。
私が好きな感じのギターもちらほら聴こえます。

ハンガリーのBridge To Solaceと一緒にライブもやっているみたいですね。
私はBridge To Solaceも好きなんですが、この組み合わせはかなり見てみたいです。
少々毛色は違うバンドかもしれませんが熱いこと間違いない組み合わせだと思います。

12曲で25分強と中々ぶっ飛ばしている作品です。
音がやや薄いかなとも思いますが熱さに免じて許しちゃおうと思います。
イタリアのバンドですが英語で歌っているんで母国語が苦手な人でも聴きやすいんじゃないでしょうか?

個人的にはすごくワクワク感のある1分弱の1曲目No More Whispersからメロメロでございます。
このバンドがどういう方向性なのかはっきり理解できる曲ですね。
素直にかっこいいと思えました。
新年1発目にふさわしいですね。

そして破壊力と熱さを兼ね備えた10曲目のKill My Sceneもかなりヤバいです。
この曲ではベースラインがツボですねぇ。
細かい所までかっこいいので彼らはセンスあるなぁと感じさせてくれます。
最初からこの曲くらいまで聴いてるうちにすっかり虜になっていました。

あまり名前を聞いたことがないバンドだと思いますが、私はPunk Your Storeというヨーロッパのディストロで購入しました。
実は他のバンド目当てだったんですけどね。
ついでに何かいいバンドいないかなと探している時に運良く発見。
こういう出会い方はとても喜ばしいもんですねぇ。
Paypalも使えるんで気になった方は是非買ってみてください。
ちなみにIn-Saneも売ってますんでまだの方は合わせてどうぞ。
In-Saneはここから買ったわけじゃないですけどね。
それではまた。

Linterno MySpace
  1. 2010/01/06(水) 09:54:00|
  2. Review L
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Profile

Toshi

Author:Toshi


☆Personal Links☆
Classic End Distro
MySpace
mixi
Last.fm
Melodic Questionnaire
Melodic Questionnaire 2
Old Classic End
Twitter

Counter

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Soliloquy (45)
Review A (16)
Review B (10)
Review C (6)
Review D (19)
Review E (3)
Review F (14)
Review G (5)
Review H (13)
Review I (8)
Review J (7)
Review K (3)
Review L (14)
Review M (8)
Review N (15)
Review O (5)
Review P (6)
Review Q (1)
Review R (14)
Review S (28)
Review T (8)
Review U (3)
Review V (3)
Review W (8)
Review X (3)
Review Y (2)
Review Z (1)
Review # (3)
Review Split (7)
Review V/A (3)
Distro 予告編 (23)
Distro 本番 (16)
How To Order (1)
Live (1)
Ranking (6)
News (33)

Links

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。