Classic End(Melodic Hardcore Review Blog)

Fast Fantastic Melodic Hardcore!!!!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Our Hometown Disaster / The Good Life



本日ご紹介いたしますのはアメリカの新興勢力メロディックハードコアバンドですよ。
元Losing All PrideのメンバーがいるOur Hometown Disasterでございます。
この作品は昨年リリースされた彼らの1stです。

このバンドいち早く紹介したかったんですが思ったより遅くなってしまいました。
ホントはディストロする予定だったんですけどねぇ。
ディストロすらできませんでした。
しかし、CD Babyで売っていたので購入できた次第です。
あんまり在庫がないみたいなんで欲しい方は急いで買ってくださいね。

Losing All Pride時代と比べてメロディーが良くなったという印象ですね。
ボーカルの男臭さとちょっとしたハードコア加減は変わっていませんが。
Myspaceのほんわかした雰囲気に騙されてはいけません。
とっても男臭いバンドですから。
Strung OutやBigwig・A Wilhelm Screamが好きな方にはドツボな音だと思いますよ。

しかしこのバンドはリフがかっこいいなぁ。
イントロに関しては全曲ツボですね。
そしてこのバンドも緩急の付け方が上手いです。
とても引き付けられてしまいます。

結構お気に入りはあるんですけどその中でも5曲目のThe Divorceはギターが最高すぎますね。
イントロで飛ばしその後やや落としサビでまた飛ばすという好みのパターンも最高です。
うねる様なリフが頭にこびりついて離れてくれません。

3曲目のDie By The Swordもイントロからヤバすぎますねぇ。
気合いの入ったコーラスと男臭いボーカルも見事にマッチしております。
聴く度に癖になっていくという点では昨年見事にハマったDoes It Matterに匹敵するものがあるかもしれませんね。

これだけ素晴らしいならもっと早く聴きたかったというのが本音です。
昨年中に聴けていたら間違いなくベスト10に入っていたでしょうね。
今年もこの作品を入れる為に番外編のランキングを作らなくちゃいけません。

CD BabyやMyspaceで試聴ができますので気になった方は是非聴いてみてください。
もしかしたら某ディストロショップに入荷されるんじゃないかと読んでます。
たしかCD Babyの商品も扱っていたような気がしたので。
それも待てない方はCD Babyを覗いてみてください。
先週末の時点で在庫が2枚しかなかったのでお急ぎくださいね。

Our Hometown Disaster MySpace

スポンサーサイト
  1. 2010/02/22(月) 10:44:00|
  2. Review O
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Counterpunch / Heroes & Gohsts



3連休中なので久々に連発してみたいと思います。
本日は先日リリースされたばかりのCounterpunchの新作をご紹介いたします。
国内盤のリリース元はもちろんRADTONE MUSICさんからでございます。

前作AN IDIOTS GUIDE TO BEING AN ASSHOLEもRADTONE MUSICからリリースされていたので聴いたことある方も多いと思います。
個人的には前作も結構好きで、特にSevennteenという曲がえらく気に入ってました。
しかしCounterpunchという名前のバンドにしては音にパンチ力がないなぁという印象もあったんですよねぇ。
ボーカルもちょっと弱い気がしましたし。
それでも次回作には期待を抱かせる内容でした。

しかし今作Heroes & Gohstsではそれが見事に解消されよりパワーアップされております。
音も分厚くなってますしボーカルに力強さも出てますから。
それでいてグッとくるメロディーは変わっておりません。
是非前作と聞き比べて彼等の成長を感じてみていただきたいですね。

ぶっちゃけ飛ばしてる曲ってのは数曲しかないんですがその飛ばしてる曲が素晴らしいことになっております。
その中でも9曲目Strings Of Destinyのデキが秀逸すぎますね。
この曲をおかずに何杯でも飯が食えちゃいそうです。
曲が始まった途端にビビっときましたからね。
俗に言う名曲のの予感ってやつですよ。
すげぇ、かっちょいいというありきたりな表現しか浮かばないくらい好きになってしまいました。
ラストにかけてアーとかウォーって言葉だけで哀愁振りまく所があるんですが絶品ですので是非聴いてもらいたいと思います。

1曲目のHeroes & Gohstsも疾走感と安心感のある好ナンバーですねぇ。
この曲を聴けば安心してこの作品を聴くことができると思いますよ。
おかえりなさいにしては強烈な一撃です。
彼等のパンチ力が上がったことが充分すぎるほどわかるんじゃないでしょうか。

前作が気に入った方には間違いなくオススメできる作品に仕上げてくれました。
少しでも気になったら購入してみてください。
Strings Of Destinyでボコボコにされると思いますので。
唯一疑問なのが彼等のMyspaceでこの新作が大々的にアピールされてないこと。
こんな素晴らしい作品を作っておいてさりげなさ過ぎますね。

Counterpunch MySpace
  1. 2010/02/19(金) 01:45:00|
  2. Review C
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Struggling For Reason / Game Of Marvels


最近レビューが週1ペースに落ち着いてきてしまっています。
その反面CDはかなりペース良く買っているというわけのわからない生活です。
そして今日千葉では朝から雪が降っております。
無事に帰宅できて安心しました。

というわけで本日は今年になってからいくつかのブログさんでも絶賛されていたバンドをご紹介いたします。
ベルギーの哀愁メロディックバンドStruggling For Reasonでございます。
耳の早い方ならもうご存知かとは思いますがこのバンドの醸し出す哀愁たるや並みの哀愁ではございません。
私はMyspaceで試聴して一発で虜になってしまいました。

とにかくメロディーが耳に残りまくります。
気付いたら仕事中にそのメロディーが頭の中でグルグルしておりました。
運転中には口ずさみだす始末です。
それほどに素晴らしいです。

この作品は2枚目のEPになるんですがすでにこのバンドのカラーという物が確立していると思います。
このバンドは緩急の付け方がすごく上手いんですよねぇ。
頭からケツまでひたすら飛ばすというわけではないんですが、盛り上がるべき所で速くしてくるんです。
それでいて哀愁たっぷりなんですからメロディックマニアの方なら絶対に気に入ってしまうバンドだと思いますね。

もう1曲目のBorn Without A Nameから哀愁でゴリ押ししてきます。
この曲は今年聴いた曲の中ではダントツで気に入ってますね。
コーラスワークもバッチリ決まってますし。
Myspaceで試聴できるんで是非とも聴いていただきたいです。

それと3曲目のHard Luck Storyこれも素晴らしい。
もうタイトルからして切なすぎますよねぇ。
直訳すると苦労話ですから。
新橋のカード下のおっさん並みに哀愁が漂っていると思います。
この曲聴いてると背筋がゾクゾクしてたまんないですよ。

実はこの作品をディストロしようかとも思ったんですが以前STMさんで取り扱いがあったようなのでやめました。
それにメンバーにメールしたら購入できるヨーロッパのディストロを親切に教えてくれたので。
ちなみにこちらです。
Disobedience Distribution

私が何回か利用したことのあるお店でした。
それまで気付かなかったので見逃していたのかもしれません。
最近こちらのお店でStruggling For Reasonの1st Epも買えるようになったのでまだお持ちでない方は是非セットで購入しちゃってください。
ここのお店は対応も早いしおまけも付けてくれるんでおススメですよ。
最速1週間で手元に届けてくれますので。

Struggling For Reason MySpace
  1. 2010/02/18(木) 10:01:00|
  2. Review S
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Protagonist / The Chronicle



Protagonist - play hard, play fast, play together

Play Hard, Play Fast, Play Together!!!
というわけで久々のレビューをしてみたいと思います。
フロリダ出身のメロディックハードコアバンドProtagonistの新作でございます。
リリースはデジタル中心でお馴染み、A Wilhelm Screamの新作と一緒のPaper+Plastickから。
しかし、この作品はきっちりとCDでもリリースされていますのでご心配なく。

私がのっけに書いたPlay Hard, Play Fast, Play Togetherというのはこの作品の1曲目のタイトルなんです。
でもおそらくこの作品におけるコンセプトなんじゃないかなと勝手に解釈しております。
気に入って思わず貼り付けてしまった上のバナーにもその言葉がありますし。
まさにその通りのサウンドでしてもう私はハマってしまっているんですけどね。
この言葉私の肝にも命じておきたいと思います。

Protagonistは過去にEP1枚とフルを1枚リリースしているんですがこの作品ではかなり垢抜けたなぁという印象があります。
というのもエモさが全開になってきているからしょう。
もちろん速さもありますしシンガロングパートも多くあるんですけどね。
その中にエモさが加わると大変なことになりますよ。
メインボーカルの声も結構マッチしてると思います。

もう個人的には1曲目のPlay Hard, Play Fast, Play Togetherから大ハマり。
ほぼインストなんですが気合いを入れるには持って来いの激ファストナンバーです。
唯一の歌詞はWe Play Hard, We Play Fast, We Play Togetherと叫ぶ所だけなんですが勝手に一緒にシンガロングしてしまいます。
ライブの1曲目にふさわしい曲だと思いますね。

そこから繋がって続く2曲目のStargazersは打って変わってエモさのあるメロディックハードコアナンバーとなっております。
このギャップにもやられました。

そして美しさとハードさが上手く噛み合わさった7曲目のIamtheghostも素晴らしいです。
Protagonistの本領発揮といった感じの曲だと思いますよ。
かと思えばハードコア全開の9曲目Attack!なんて曲もあったりして全然飽きることもありません。
一回り聴いてみて更に奥深く成長したんだなぁと思わせてくれましたね。
去年末にリリースされた作品ですが早くも次回作が楽しみでなりません。

メロディックハードコア好きな方には是非聴いて頂きたいと思います。
エモさと言っても決して軟弱なものではありませんので。
おそらく多くの方の心に響く作品になっていると思いますよ。
ちなみに旧作品はInter Punkでも買えますので気になった方は是非どーぞ。

Protagonist MySpace
  1. 2010/02/13(土) 09:46:00|
  2. Review P
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

上げましたよ。


やっとこさ上げました。
One Eyed Jackの4曲入りEPです。

よかったらのぞいてみてくださいね。
格安の200円ですので。
よろしくお願いいたします。


  1. 2010/02/08(月) 00:53:00|
  2. Distro 本番
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

Profile

Toshi

Author:Toshi


☆Personal Links☆
Classic End Distro
MySpace
mixi
Last.fm
Melodic Questionnaire
Melodic Questionnaire 2
Old Classic End
Twitter

Counter

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Soliloquy (45)
Review A (16)
Review B (10)
Review C (6)
Review D (19)
Review E (3)
Review F (14)
Review G (5)
Review H (13)
Review I (8)
Review J (7)
Review K (3)
Review L (14)
Review M (8)
Review N (15)
Review O (5)
Review P (6)
Review Q (1)
Review R (14)
Review S (28)
Review T (8)
Review U (3)
Review V (3)
Review W (8)
Review X (3)
Review Y (2)
Review Z (1)
Review # (3)
Review Split (7)
Review V/A (3)
Distro 予告編 (23)
Distro 本番 (16)
How To Order (1)
Live (1)
Ranking (6)
News (33)

Links

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。