Classic End(Melodic Hardcore Review Blog)

Fast Fantastic Melodic Hardcore!!!!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

レビューではないです。


今日は貴重な休みでした。
これから先はいつ休みがもらえるかもわからない状況です。

そんな貴重な休日にJet MarketのEPが届くという奇跡が起きました(笑)
おかげでじっくり聴き込めましたが、レビューする余裕がありませんでした。
いつになるかわかりませんが、しっかりレビューさせていただきますのでお楽しみに。
既に聴いた方はわかると思いますが、結構ビックリする内容でしたよ。

そして、Lungsの新作も先日届きました。
中々聴けていなかったので、こちらも本日聴き込みました。
こちらは想像以上のデキでしたね。
Lungsらしい作品に仕上がっていると思います。
今後長い付き合いになることは間違いないです。

あと、水面下でですがとあるバンドの作品をディストロしようと計画中です。
個人的にかなり応援しているバンドの作品で、メンバーの方とも色々お話させていただいてます。
話がまとまり次第ディストロできると思いますので、こちらもお楽しみに。

8月はBelvedereのトリビュートもリリースされますし、Hogwashも来日しますね。
いくら忙しくても楽しみな事があると仕事のモチベーションも上がっていくんですよね。
Hogwashは休みが合えば見に行きたいと思っているんで、もし行く方がいたら楽しみましょう!

というわけでレビューでもお知らせでもない記事になってしまいました(笑)
ホント単なる日記ですね。
なるべく時間を見つけてレビューはしていくので今後も変わらぬお付き合いをお願いします(笑)
それではさよ~なら~♪
スポンサーサイト
  1. 2010/07/30(金) 01:22:00|
  2. Soliloquy
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Lungs / An Anatomical Guide



いやぁ今日も暑かった~。
私は倉庫で仕事をしてるんですが、今週は溶けてしまうんじゃないかと思うくらいの暑さでした。
というわけで、本日は2ndアルバムリリース記念、Lungsの1stアルバム"An Anatomical Guide"をご紹介します。
Lungsという事で、もちろん"暑さ"と"熱さ"をかけてみました(笑)

この作品は国内盤がFastlifeさんより2008年にリリースされております。
16曲入りというボリュームのお腹一杯系の作品です。
リリースされた時はあちこちで大絶賛されていたのを今でも憶えています。

Lungsは本当の意味でのエモーショナルメロディックハードコアバンドだと思いますね。
決してなよなよした意味でのエモーショナル加減ではありません。
様々な感情を音楽で表しているという意味でのエモーショナルさです。
高速な一面を見せたかと思えば、優しいメロディーで包んでくれたり、男臭さのあるアドレナリンを撒き散らしたりする。
喜怒哀楽を音で表現しているような感じですかね。
しかも、それが1曲の中で繰り広げられているんですから。

これは以前にも書いたんですが、個人的にはThis Is A Standoff臭がすごく感じられるんですよね。
ボーカルの声質や曲の持っている雰囲気など。
似ているというよりは方向性が一緒なのかなと思います。

個人的には、この間のブログでもライブ映像を載せた3曲目の"Naota / Ikari"でまず第一波が来ます。
1分強という短い中でも決して高速一辺倒になるわけではなく、自分たちの音楽を追求しているなぁと思いますね。
程よくメタリックなギターも耳障りが良いですし、シャウト気味に終わるところなんて熱すぎです。
この曲は思わず何回もリピートしてしまう魔力を持っています。

Lungsは結構ショートソングも多いんですよね。
私はJet MarketやAfter The Fallと合わせて、Lungsもショートソングを作らせたら世界トップレベルだと思っています。
Lungsは速さだけではない味わいのあるショートソングが多いので、意味合いはJet MarketやAfter The Fallとは少し違いますけどね。

あと、6曲目のOn / Offはこの作品の中で最もお気に入りです。
最初は比較的速めなんですが、徐々に貫禄のある展開に持っていく流れがたまりません。
その流れにとても男らしさを感じてしまうんです。
ハードコア気味になったかと思えば、優しげなメロディーをさりげなく入れてみたりと懐はかなり深いですね。

さて、私が待望している2ndアルバムの"The Two Chief World Systems"ですが来週頭くらいには届くんではないかと思います。
Jet Marketより早く届いてしまうかもしれませんね。
今回の作品では、Lungsがどうパワーアップしているのかに焦点を当てて聴き込みたいです。
パワーダウンしてるという事は考えられないので。
皆さんも是非MySpaceで試聴してみてください。
きっと買いたい衝動に駆られてしまうと思いますよ。

Lungs MySpace
  1. 2010/07/24(土) 23:08:00|
  2. Review L
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2010年夏。


こんばんわ。
今、私は8月から立ち上がるとある仕事を担当しています。
最近まではわりと暇だったんですが、そろそろ本格的に忙しくなってきたんです。
8月になったらこのブログもあまり頻繁に更新できなくなりそうなので先にご報告しておきたいと思います。
とか言いつつ案外そうでもなかったらすいません(笑)

先日作ったアンケートにご協力してくださったみなさま、本当にありがとうございました。
中々興味深い結果が出てきていて個人的に楽しいです(笑)
まだまだ受け付けていますので引き続きご協力お願いします。

Melodic Questionnaire 2(アンケートページ)

最近、音楽の力って本当にすごいなって思うんですよね。
音源を聴いての感動や興奮はもちろんなんですが、人との出会いの面で特に感じます。
この音楽のおかげで本来なら接点のない方々と出会うことができましたからね。
これって本当に幸せな事だと思います。
素晴らしい曲を作ってくれたバンド達にも感謝ですし、このブログから私と接点を持ってくださった方々にも感謝の気持ちでいっぱいです。

そんな事を考えていたら久々に自作コンピを作りたくなってきてしまいました。
"あの"バンドのディストロが遅れてしまっているお詫びという事もありますが。。。
多分あちらも忙しいんでしょう。
こちらから何回かメールはしてるんですが全然メールが来ません。
私は信じて気長に待とうと思っているので、みなさんも粘り強く待っていただけたら幸いです。

自作コンピの件なんですが、先ほども書いた通り仕事が忙しくなりそうなんで、1人では中々作業が進まないと思われます。
なので、とある方に協力を依頼中です。
今回のコンピは共作になるかもしれません。
もちろん、今回もコンピも日頃このブログを見てくださっている方々へのお礼という形でバラまかせていただきますので、詳細はしばらくお待ちください。

暑い日が続きますが、みなさんくれぐれも体調には気を付けて充実したメロディックサマーを過ごしてください。
それでは、さよ~なら~♪
  1. 2010/07/23(金) 02:02:00|
  2. Soliloquy
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Lungs 2ndアルバムリリース!


オーストラリアの激熱メロディックハードコアバンド、Lungsが13曲収録の2ndアルバム"The Two Chief World Systems"をリリースしました!

リリースが7月5日だったのでちょっと遅い情報になってしまいすいません。
というのも私がこの情報を知ったのがつい最近だったんですよね。
しかも、情報源はこの間作ったアンケートでした。
「最近オススメ」の欄にLungsの見慣れない作品があるなぁと思って調べてみたらビンゴだったんです。

Lungsが近いうちにリリースするという情報は知ってたんですが、まさかもうリリースしてるとは思ってませんでした。
どなたかわかりませんが貴重な情報どうもありがとうございました。
気が付いて既にオーダーした方もいるかもしれませんね。

MySpaceで新作から3曲聴くことができます。
少し聴いてみたんですが、以前よりピロピロ度が増した印象がありましたね。
それでいて熱さもパワーアップしてます。

"The Machinations of Gilbert Ryle"という曲に関してはイントロで持っていかれてしまいました。
この曲はとてもツボに来ますね。
4分という長さも気になりません。

もちろん私はソッコーでオーダーしてしまいました。
個人的に何回かお世話になっているこちらのショップで。
Poison City Records
本日発送したとのメールが来たので今週か来週頭には届くでしょう。
届き次第聴き込んでまたレビューしたいと思います。
Jet Market祭りの後はLungs祭りになりそうです。

Lungsのライブ映像があったのでよかったら見てみてください。
私の好きな"Radical Science"が途中からなのは残念ですが、"Naota / Ikari"への繋ぎは抜群にかっこいいですよ。
それではさよ~なら~♪



Lungs MySpace
  1. 2010/07/19(月) 22:14:00|
  2. News
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Jet Market / Everyday Casualties



こんばんわ。
みなさん3連休中ですか~?
というわけで先日より引き続きJet Market祭りを開催中な私です。
本日はあまりレビューを見かけないJet Marketの記念すべき1stである"Everyday Casualties"をご紹介します。
2002年リリースで16曲入りとお腹一杯詰まってます。
関係ないですけど、日韓W杯の年のリリースだったんですね。

最近私の中でJet Marketに対する愛が日に日に増していってるんです。
再生ランキングでも急上昇中で、他の素晴らしいバンド絶ちを蹴散らしています。
特に3rdの"Perdition"に関しては再評価という言葉では物足りないくらい再ハマりしてますね。
やっぱりこの作品はいつ聴いても、開いた口が塞がらないレベルです。

さて、Jet Marketと言えばAlexによるドラムボーカルが特徴の1つでもあるんですが、この作品ではまだドラムボーカルではありません。
サウンド面に関しても、"Perdition"のように暗めなメロディーが全体を支配しているわけではなく、明るめなメロディーの曲も存在しています。
メタリックさも今ほどピロピロ言わせているわけでもないんですよね。
更に、今となっては想像すらできないんですがJet Marketは元々スカバンドだったらしく、スカコアしちゃってる曲もあるんですよ。

それでも、今のサウンドに繋がるような曲もありますし、素質の片鱗は充分に耳に届いてきますね。
速さに限っては今と同等レベルな曲が目白押しですよ。
Jet Marketは今でこそ全て英詩ですが、この作品ではイタリア語の曲も聴けてしまいます。
マニアの方は心をくすぐられるんじゃないでしょうか?
私は転げ回る位くすぐられました。
それと、彼らはどの作品も1曲目に必ずインストを持ってくるんですが、そのスタイルはこの作品から健在ですのでご安心を。

個人的最大のお気に入りは11曲目の"Santa Claus Is Dead"です。
この曲のドラムが速いこと速いこと。
おそらくAlexが叩いているわけじゃないんでしょうけどね。
ベースが動きまくりでブンブン言わせちゃってる所もヤバいです。
この曲に関しては非常に未来のJet Marketが見えてきますね。
コーラスもさりげなく決まってますし、エッジの効いたギターも最近のスタイルに近い物を感じます。
Jet Market好きなら必聴な曲だと思いますよ。

この作品は今のJet Marketが好きな方には賛否が別れるのかもしれません。
しかし、彼らの歴史を語る上でかかせない重要な作品だと思うんですよね。
確かに荒さもあるし、スタイルもはっきり定まっていません。
それでも、この時があったからこそ今のJet Marketがあるんだと実感できる作品なんです。
この作品からリリース順に聴いていくと彼らの成長が手に取るように分かりまた違った魅力を感じられると思います。

おそらくまだバンドからなら購入可能だと思うんで、未聴の方は是非聴いてみてください。
そして私は新作のEPをヨダレ垂らしながら待っています。
今週中に届いてくれたら本望です。

Jet Market MySpace
  1. 2010/07/19(月) 03:57:00|
  2. Review J
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

Profile

Toshi

Author:Toshi


☆Personal Links☆
Classic End Distro
MySpace
mixi
Last.fm
Melodic Questionnaire
Melodic Questionnaire 2
Old Classic End
Twitter

Counter

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Soliloquy (45)
Review A (16)
Review B (10)
Review C (6)
Review D (19)
Review E (3)
Review F (14)
Review G (5)
Review H (13)
Review I (8)
Review J (7)
Review K (3)
Review L (14)
Review M (8)
Review N (15)
Review O (5)
Review P (6)
Review Q (1)
Review R (14)
Review S (28)
Review T (8)
Review U (3)
Review V (3)
Review W (8)
Review X (3)
Review Y (2)
Review Z (1)
Review # (3)
Review Split (7)
Review V/A (3)
Distro 予告編 (23)
Distro 本番 (16)
How To Order (1)
Live (1)
Ranking (6)
News (33)

Links

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。