Classic End(Melodic Hardcore Review Blog)

Fast Fantastic Melodic Hardcore!!!!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

The Decline / I'm Not Gonna Lie To You



先日に引き続きましてオーストラリアの新生メロディックバンドThe Declineの1stアルバムをレビューしたいと思います。
4月1日にリリースされたばかりですが、私の中では既に名盤の域にまで達しております。
それだけインパクトのある作品でした。
この意味ありげなジャケも気に入ってます。

前作のEPと比べて男臭さが目立ってきているかなと思います。
そしてツインボーカルの絡み具合もレベルアップしていて、1曲の中でお互いの個性を潰すことなくぶつかり合ってますねぇ。
スッと耳に入ってくるメロディーも相変わらず良質です。
EPで聴けたドタバタ感は少し落ち着いていますけどその分メロディーに力を入れたんですかね。

しかしこのバンドは遊び心を持ちつつもシリアスな曲をやらせるととてつもない哀愁というか切なさを出してきますね。
シフトチェンジしたのが一発でわかっちゃいます。
前半はスカのリズムを取り入れていたりわりと明るめな曲もあるんですけど、中盤から後半にかけて本気出してるんですよね。

個人的には4曲目のYou Died... Losing 16 Experience Pointsから10曲目Half a Beerまでの流れなんて完璧だと思いますよ。
You Died... Losing 16 Experience Pointsなんて飛ばしてるのにツインボーカルが極上の絡み方をしていて本当に最高です。
あと、切なくも爽やかさのあるイントロから秀逸なメロディーを届けてくれる8曲目のGood Gravyもヤバい。
これはクセになる方が多そうな感じがしますね。

そしてこの作品の中で最もトタバタしているであろう9曲目のHomophobes are Gay。
激しくなりそうなイントロからシリアスな展開になりサビで哀愁振りまきながら飛ばします。
途中でスカ挟んだりもしてますからね。
文字で表現すると何のこっちゃという感じかもしれませんが、実際聴いていただくと度肝抜かれちゃうと思いますよ。
ラストの方にはミドルテンポの曲もあり全く飽きることなく聴ける作品だと断言できますね。

はっきり言って今年聴いた作品の中では1番かもしれません。
このバンドは本当に中毒性が高いですね。
聴くたびに引き込まれていくのがよくわかりますもん。
かなり聴きやすいですし。

ホントはディストロしたいんですけどねぇ。
正直今は余裕がないのでごめんなさいという感じです。
ただ、買って損はないと声を大にして言える作品なので、買える方は是非購入してみてください。

The Decline MySpace
  1. 2010/04/30(金) 03:26:00|
  2. Review D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

The Decline / The Same Kind



本日はまたしてもオーストラリアのバンドをご紹介いたしたいと思います。
以前某スパニッシュブログでも軽く紹介されていたThe Declineでございます。
最近1stアルバムをリリースしたんですがこちらは2008年にリリースされた彼らの初音源となるEPです。
ちなみに結成は2006年で、Frenzal RhombやNOFXといった往年の大御所バンドから影響を受けているようですよ。

このバンドについては某スパニッシュブログを見るまで全然知らなかったんですよねぇ。
でもMyspaceで試聴した瞬間にピーンと来てしまいました。
これはCD買わなきゃダメだなと。
もちろん1stアルバムも合わせて購入したんでこちらはまた近いうちにレビューしたいと思います。
しかし注文してから到着まで結構時間かかったなぁ。
オーストラリアからの荷物は早く届くという固定概念が強すぎたのかかなり不安になりましたからね。

でも届いてしまえばこっちのもんです。
後はひたすら聴き込むのみ。
1通り聞いた感じとしては結構ドタバタしてるなぁというのが素直な感想でしたね。
Frenzal Rhombほどではないですけど。
メロディーもしつこくなくてジワジワと心に染みこんできます。
そしてリフがせつない。
中々美味しい所が多いバンドですね。

1曲目のThe Same Kindなんて名刺代わりにしては強烈すぎるナンバーですから。
イントロのリフがヤバい雰囲気をプンプンと醸し出してます。
それでいて途中で『幸せなら手をたたこう』のフレーズが出てきたりと遊び心も感じさせてくれるナンバーです。
そう、この感じは正に90年代。
このバンドは現代に媚びていないバンドなんだなと思います。
ドタバタしつつも渋さのある3曲目No Way, Joseもツボですねぇ。

そして気になる新作I'm Not Gonna Lie To Youですがこちらもヤバすぎるデキになっておりますよ。
頭の中で整理が付き次第レビューさせていただきますので少々お待ちくださいませ。
彼らのCDはMyspaceから飛んで買えますので気になった方は是非購入してみてください。

しかしオーストラリアバンドの最近の勢いは尋常じゃないですよね。
次から次へと湧いてきますし外れもほとんどないですから。
ちょっと前にguricoさんがディストロなさっていたThe Gun Runnersもヤバいですし。
しばらくはオーストラリアから目が離せません!

The Decline MySpace
  1. 2010/04/25(日) 21:41:00|
  2. Review D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Duff / Tallone Da Killer



本日は以前MILESTONEさんでもDistroされていたイタリアのメロディックバンドDuffの新作をご紹介します。
イタリアの名門Wynona Recordsから昨年の10月にリリースされた作品です。
彼らも着実に出世してますね。

私は彼らの過去の作品はDiswacciuwontしか持っていないんですが、それと比べてだいぶ音が垢抜けたなぁという印象を持ちました。
こもった感じがなくなりかなり突き抜けたサウンドになっています。
そして爽やかすら感じる爽快なメロディックですねぇ。
母国語で歌っているのに変な癖はないですし。
むしろメロディーが良いから聴きやすい部類に入ると思いますよ。
普段イタリア語に違和感を感じる方にも聴きやすいんではないでしょうか?

しかしNOFXっぽいってのは変わらないですねぇ。
完全に意識してるやろ?
逆に意識してるから聴きやすいのかもしれない。
いやきっとそうに違いない。
最近のイタリアバンドらしくない所も好印象ですね。

何を隠そう先日レビューしたLinternoと同時購入したのはこの作品だったのです。
実はDuffをDistroしようかなとも思ってたんですが在庫があまりないようだったので諦めたという事実も付け加えておきます。
届いた頃はLinternoばっかり聴いていたんですけどDuffも癖になりますね。
聴き始めたら止まらなくなります。
緩い曲がバランスよく入ってるし、爽快に飛ばしつつメロディーがびっしり頭にこびり付く曲が多いのです。

そんな中私のお気に入りは爽快度もNOFX度も高めな7曲目のDieci Anni Faでございます。
NOFXだったらこんな曲作りそうだなぁという感じが思いっきりしますけど。
それでもかっこいいんだから良しとします。
途中で入り込んでくる哀愁を誘うギターもいい感じなんですよね。

あとややメタリックなギターが印象的な9曲目のUna Vita Di Successoもきますねぇ。
この流れ具合最高です。
サビなんてやたら響いてきますね。
これだけ叩き込まれたらそりゃ脳にこびり付きますって。

というわけでFat好きな方いかがでしょうか?
更に母国語好きだときたらピッタリ来る作品だと思いますよ。
Wynona Recordsからリリースされてるんで入手困難ってこともないでしょうし。
欲しい方はWynona RecordsのMySpaceからメールでアタックしてみてください。
それではまた。

Duff MySpace
  1. 2010/01/09(土) 13:16:00|
  2. Review D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Defying Control / Stories Of Hope And Mayhem



さてさて、しばらくは今年のランキングに向けたレビューをしていこうと思います。
本日はポルトガルのメタリックメロディックハードコアバンドDefying Controlでございます。
正真正銘の2009年リリースです。

そしてHigh-Speed-Flower Recordsさんからリリースされたということで日本のメロディックマニアのみなさんにもお馴染みだと思います。
High-Speed-Flower Recordsさん情報ですが、この度めでたくオフィシャルサイトがオープンしたそうです。
おめでとうございます!
非常にCoolなサイトになっていますのでまだご覧になっていない方は是非一度見てみてください。
こんなにかっこいい物を見せ付けられると私も作りたくなってしまいますね。

High-Speed-Flower Records Official Site

さて、このDefying Controlなんですが結構メタリックです。
攻撃的なメタルさだと思います。
もちろん飛ばす曲も多々あるんですが、彼らはそれだけじゃないんですよねぇ。
しっとりとエモーショナルに聴かせる曲を作るセンスも兼ね備えているんです。
まさに元ポルトガル代表ルイ・コスタの柔らかなゲームメイクとかぶりますね!
ちょっと強引に例えてみましたが。

それでもやっぱり速い曲に耳が行ってしまうのは速い物好きの性でしょう。
個人的には何かを予感させる1曲目Stories Of Hope And Mayhemから2曲目Say What You Thinkへの流れ方がドドドツボすぎるんですよねぇ。
聴きすぎなくらいに聴いています。
Say What You Thinkのサビのギターが泣き泣きで私のメロディックブレインをフル回転させてくれますね。
この曲は2009年ソングランキングを作ってもベスト10に入ります。

タン吐き音で始まり1分弱で飛ばしに飛ばすTo The Boneもヤバいですね。
コーラスの気合の入り方がかっこよすぎます。
曲の締め方もカチッと決まりますしねぇ。
こういう曲にはホント弱いです。

その他聴かせる曲あり、展開力のある曲などこのバンドは中々引き出しをたくさん持っているなぁと思います。
是非この作品の雰囲気を保ったまま次の作品をリリースしたもらいたいもんですね。
まだの方は2009年が終わる前に聴いちゃってください。
いい年越しが迎えられると思いますよ。

Defying Control MySpace
  1. 2009/12/04(金) 14:36:00|
  2. Review D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Death Defying Life / Monitor Mixes 2009



はいこんにちわ。
たっぷり寝て体力が回復したので久々にレビューしたいと思います。
本日はUKのメロディックハードコアバンドDeath Defying Lifeの2nd Demoでございます。

しかしまぁDIY丸出しなジャケなしCD-Rでございますねぇ。
こういうの嫌いじゃないです。
彼らの気持ちがひしひしと伝わってきますよねぇ。
そこまでして作ったんなら、こっちも隅々までしっかり聴いてやろうじゃねぇかという気にさせられてしまいます。

音の方は彼らのMySpaceの影響を受けた音楽を見ていただければわかると思います。
それらのバンドのいいとこ取りです。
A Wilhelm Scream色が一番強いかなとも思います。
それでいてスピードの緩急も上手く付けられているし、メロディーもバッチリ頭にインプットされるレベルです。
若干1曲の時間は長いですがそれを感じさせない展開力も魅力ですね。
ドラマティックな部分もあるので全く飽きません。
サッカーで言えばレジスタみたいな感じですかね。
ピルロです。

DIYな作りのわりには音もしっかりしています。
彼らの本気度がうかがい知れますね。
こんだけ素晴らしいDemoが作れるなら早くフルで聴いてみたいですよ。
色々大変だとは思いますが彼らには期待しています。

個人的には1曲目のAngels & Arseholesがドンピシャリでした。
私にとってツボすぎるメロディーが初めて聴いた瞬間にビビっと来ましたね。
この瞬間があるから音楽を聴くのをやめられないんですよねぇ。
彼らに出会えてよかったと心から思えました。
この曲は今後何年間も聴いていく曲になりました。

3曲入りなんでお腹いっぱいにはなりませんが非常に可能性を感じられる作品だと思います。
さて、この作品をレビューしたということは我が家にこの作品が届いたということです。
なので本日中にショップの方に上げたいと思います。
ポンドは高いんで少しお値段は張りますが、送料込み950円で行きます。
写真にもあるようにバッチも付きます。

今回は少し多めにオーダーしたんでわりと余裕はあるかなと思っています。
売れ残らなきゃいいんですけどね。
あと、Tシャツも試しに仕入れてみました。
詳しい寸法はショップに書きますがSサイズのわりには大きめです。
普段Mサイズを着る私でピッタリでした。
Tシャツマニアの方は是非どーぞ。
ちなみにこんなデザインです。
個人的にはかなり好みです。


というわけでみなさまからのオーダーお待ちしております!

Death Defying Life MySpace
  1. 2009/11/28(土) 16:41:00|
  2. Review D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

Profile

Toshi

Author:Toshi


☆Personal Links☆
Classic End Distro
MySpace
mixi
Last.fm
Melodic Questionnaire
Melodic Questionnaire 2
Old Classic End
Twitter

Counter

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Soliloquy (45)
Review A (16)
Review B (10)
Review C (6)
Review D (19)
Review E (3)
Review F (14)
Review G (5)
Review H (13)
Review I (8)
Review J (7)
Review K (3)
Review L (14)
Review M (8)
Review N (15)
Review O (5)
Review P (6)
Review Q (1)
Review R (14)
Review S (28)
Review T (8)
Review U (3)
Review V (3)
Review W (8)
Review X (3)
Review Y (2)
Review Z (1)
Review # (3)
Review Split (7)
Review V/A (3)
Distro 予告編 (23)
Distro 本番 (16)
How To Order (1)
Live (1)
Ranking (6)
News (33)

Links

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。